Be honest. Be ambitious.

野球好き大学院修了生の頭の中

2番打者強打者論の根拠ってこういうことだったのか、とやっとわかってきた気がする

どうもmackeyです。

今日は、ちょっと興味のある記事を目にしたのでそれに関する話をしたいと思います。

full-count.jp

最近、ベイスターズで「2番筒香嘉智」というオーダーが採用され、また注目されている「2番強打者論」。ファイターズはご存知の通り「2番大田泰示」ですっかり定着した戦術ですね。

 

そもそもこの理論がどういうことなのか。上記リンクで紹介されている理論をまとめてみました。

これは、大原則として大雑把にいうと「打てる選手繋げといた方が得点に結びつくよね」って話からきています。スタメンで上位打線に投手を置くチームなんて、大谷翔平選手が在籍するチーム以外でまず見たことないですよね。昔はよくあった2番に打てない選手を置く打線、原則としてナンセンスということになるようです。上位に打てる選手固めておこう、というのが大原則。

そして、細かく打順ごとの役割を見ていくと、まず1番打者と4番打者を比較してみましょう。1番は必ずノーアウトランナー無しの場面が試合で巡ってきます。アウトカウントの少ない場面では、出塁の有無が得点の期待に直結するため、とにかく出塁率が求められます。そして4番打者は1番打者と比べてアウトカウントやランナーの数が多い場面で打席が回りやすいことになります。その場合は、ホームランをはじめとする長打が得点に直結することになるので、非常に価値があります。なので、長打力がより求められることになるようです。

そして、2番打者と3番打者。ここでポイントになるのが、「2番打者の方により強打者を置くべき」という点。なぜかというと、3番打者は2アウトで打順が巡る可能性があるから得点の期待値が減る、ということのようです。ただ、注意すべきは3番打者がはっきりと重要性が劣るわけでなく、2番と3番を入れ替えたところでシミュレーションでは年間で1,2点程度しか変わらないらしいです。また、2番は1番同様出塁率に優れた選手に適していて、併殺打のリスクを回避できる走力があると尚良し、らしいです。

一応イメージとしては最も優れた打者3名を1,2,4番に置き、次に優れる打者を3、5番、残りを6番から順に並べていくべき、という結論となっています。ただ文章の内容からして、3番は最初の第1群とそれほど価値は変わらなさそうですね。

 

 

 

 

以上の理論を踏まえた上で、ファイターズはどうなっているでしょうか。

ファイターズの打者を眺めたとき、打撃能力が他の選手と比べて突出している選手が4名います。それが、現在の上位打線を構成する4名、西川選手、大田選手、近藤選手、中田選手です。4番までならライオンズと比べても遜色ないのではないでしょうか(あのチームがおかしいのはそれでなおまだ森選手と中村選手がいること)。正直もうほぼ問題ないように感じるんですが、上記の理論通りにあてはめていくなら少しいじるべき場所がありそうです。

まず、いじらなくてよさそうなのは4番打者の中田選手。そして、変えるならば1~3番。1、2番に出塁率が求められるという点。ファイターズには選球眼抜群な出塁率荒稼ぎマンが2名いますね?そうです、近藤選手と西川選手です。そして2番は併殺打を回避できる走力があるとなおよし。となれば、2番に西川選手を置くべきとなりそうですね。で、1番に近藤選手、3番に大田選手。1、2番が逆じゃないのか?という違和感はすごくありますが、こういうときには主観を一度捨てるのも大事。もしかして、西川選手がたびたび2番打者で起用されたのはこの理論に基づいていた…?という気がしてきました(ただそこまで理論に忠実なんだとすれば、なんで1番淺間選手とか1番杉谷選手とかあったんだ?という疑問も浮かびますが)。

そして5番は、まあどう考えても渡邉選手でしょう。実は、現在王選手が離脱していますが、王選手と渡邉選手だと渡邉選手のほうが総合的には打撃成績いいんですよね。そこからは調子の良し悪し等で決めていけばいいような気がします。打順の組み方としてはさほど問題はないのではないでしょうか。

 

これまでの話は、シミュレーションによる分析から出るひとつの結論です。また別の論理が出てくることもありえます(実は、DHの有無によって2番と4番どちらに最強打者を置くべきか変わるという話もある)。さらにいえば、野球はメンタル的要素にもかなり左右されるスポーツであることも否定できませんから、シミュレーションを絶対視することも難しいです。ただ、ひとつの理論としてこんなのがあるんだなーくらいに知っておくのは楽しいと思うので、今回は紹介してみました!