Be honest. Be ambitious.

野球好き大学院生の頭の中

【速報】金子千尋投手、ファイターズ移籍決定

びっくりしました。自習室で声出ました。mackeyです。

 

 

 

 

そもそもの事の発端はこの記事でした。

www.hochi.co.jp

えっとこれが12月1日の記事ですね?たった3日前です。

mackey5baseball5f.hatenadiary.jp

これに伴ってブログでも取り上げた金子千尋投手の自由契約の話題ですが、報知の記事にもあるように、数日前にはあくまで「注視している」と言っていただけなはずです。

 

 

 

 

と思っていたら、今朝にはこんな記事が。

www.sponichi.co.jp

いやずいぶん早すぎてびっくりしました。この記事は「注視」の記事からたった3日です。GMが交渉したことを明かしたのも昨日でした。「結論が出るのは早いと思う」とのことでしたので、まあ今週中には争奪戦の結果わかるのかな?くらいに思っていたんですよ。

 

 

 

 

…って思っていたんですよ?すると

www.fighters.co.jp

え!?!?!?!?

本日午後3時頃のリリースです。

絶対これタンパリングだろとか噛み付いてくるやつ現れるよな

まあタンパリングなのかどうかは根拠がないので判断を控えますが(正直横行している、というのが実情でもおかしくはないけど)、今回これだけ交渉が早かったのはなぜなのか。

ひとつ考えられるのが、同じ先発右腕の西投手の動向でしょう。仮に西投手が移籍先を既に決定していたら、西投手獲得に失敗した球団も金子千尋投手獲得に動く可能性がありました。ですが、西投手の獲得が結論出ていないうちに金子千尋投手まで両獲り狙うというのは難しく、西投手から撤退するわけにもいかないというところだったと思われます。となれば、西投手の話が決着する前にライバル球団少ないうちに獲得しちゃうというのも考えられます。

ただ、王柏融選手入札の際には完全にサイレントで話が進んでいたのに、今回はだいぶ獲得アピールしていましたよね。その違いが何かは気になるところです。

金子千尋投手としても、あまり得意ではなかったファイターズ相手に投げずに済むようになるのは大きいかもしれません。

 

 

ちなみにですが、来季の開幕カードは札幌ドームでのバファローズ戦です。「開幕投手斎藤佑樹」の実績がある栗山監督ですから、もしかしていきなり古巣相手の開幕投手も……?

……という戦力としての期待を過度にするのも酷な年齢に金子千尋投手も差し掛かってはいますが、チーム最年長投手として後輩の見本となってくれればと思ってなりません。

www.sponichi.co.jp

さっそくこう言っている投手がチームにもいますし笑

 

かなり来季が楽しみになってきました!!!