Be honest. Be ambitious.

野球好き大学院修了生の頭の中

コンサの歴史が変わる瞬間を目の当たりにするかもしれない

こんばんは、mackeyです!

 

今年も北海道のスポーツは様々な場面で脚光を浴びました。平昌オリンピックに始まり、ファイターズ出身の大谷翔平選手の大活躍、更には札幌大谷高校の明治神宮大会優勝なんかもありました。

そんな2018年もいよいよ終わりが近づいてきた中、最後の最後にまた、北海道のスポーツが大きな盛り上がりを見せようとしています。今回注目を集めることになる競技はサッカー、チームは北海道コンサドーレ札幌です。

 

|目次|

 

 

 

 

1.コンサに何が起きたのか、何が起きようとしているのか

1996年から札幌を拠点として戦い続けてきたコンサですが、J1にはなかなか定着できないチームだったというのも北海道にお住いの皆さんならご存知でしょう。昇降格回数は、湘南ベルマーレと並びJリーグ最多の8回です。それだけJ1復帰もしているということではありますが。

ただ、イメージとしては、J1復帰→J1でボコられる→最速降格決定記録樹立というのを何度か見てきたせいか、なかなか勝てないイメージがありました。

しかし、今年は違います。シーズン開始から少し経った頃から順調に勝ち点を積み上げ、上位をキープしています。そして気付けば、最終節を残した時点で既にクラブ史上最高順位となる4位以上を確定させました。4位というのはとても意味のあることで、というのも4位でDAZNマネーが1.8億円入ってくるんです。コンサは既に最低でも1.8億円の入手が決まったということになります!

しかも、本日行われたJ1の試合結果により、コンサはACL自力進出の可能性が再度生まれました!最終節、勝てばコンサ史上初のACL出場が決まります!本当にとんでもない騒ぎになってきました!

 

 

 

 

2.ACL進出の条件

さて、コンサは本当にACLが目の前に見えてきました!あと一歩のところまで来ています!ということで進出条件をまとめてみました。

 

(1)自力で決める方法

自力進出の方法はただひとつ、最終節での勝利です

最終節で勝利すると何が起こるかというと、現在2位のサンフレッチェ広島を逆転します。なぜサンフレッチェ広島を逆転するのかというと、最終節の相手がサンフレッチェ広島だからです。つまりこういうことです。

12月1日、札幌ドームでサンフレッチェ広島と試合をして、勝てばサンフレッチェ広島の勝ち点を逆転しACLです。

仮にコンサの勝利と同時に最終節で鹿島アントラーズが勝利すると、サンフレッチェ広島ACLを逃します。サッカー詳しくないので大きなことは言えませんが、野球で言えば10.8レベルの話になってきています。コンサが勝ったらガチで「左中間へ行ったぞ」レベルの大騒ぎになる予感がします。

 

 

さて、順位争いもどうなるかチェックしておきましょう。現在の勝ち点と得失点差は次の通りです。

2位 56(12) サンフレッチェ広島

3位 55(11) 鹿島アントラーズ

4位 54(0)  北海道コンサドーレ札幌 

大混戦のため、最終節の結果次第でこのうちのすべての順位に変動する可能性があります。

広島〇 鹿島〇 札幌×

広島〇 鹿島△ 札幌×

広島〇 鹿島×  札幌×

広島△ 鹿島△ 札幌△

 →上記4パターンは順位変動なし

広島△ 鹿島〇 札幌△

 →鹿島広島、札幌の順

広島△ 鹿島×  札幌△

 →広島2位、残りは鹿島の失点次第

広島× 鹿島〇  札幌〇

 →鹿島札幌、広島の順

広島× 鹿島△  札幌〇

 →札幌2位、残りは得失点等

広島× 鹿島×   札幌〇

 →札幌広島、鹿島の順

……たぶんこれで合ってるはず。ただ、コンサの状況から考えると勝つしかないのであまり細かいこと考えなくてよさそうです。要は勝てばACL決定、場合によってはリーグ2位フィニッシュの可能性があるかも、といった具合です! 

 

 

(2)自力で決められなくても可能性がある

実はコンサが勝利できなかったとしてもACL進出の可能性があります。

①札幌が引き分け、鹿島は失点-得点が12以上で負け

サッカーでこんなことが起こる確率はほぼゼロなので考えても仕方ありません。

 

鹿島アントラーズ天皇杯優勝

圧倒的に条件としてはこっちが大事です。天皇杯優勝チームにもACL枠が与えられていますが、リーグ3位以内のチームが天皇杯優勝を果たした場合はリーグ4位チームにまで枠が拡大されます。コンサは既に4位以上を確定させているため、この条件での進出の可能性も残されています。

 

おわかりかと思いますが、コンサが勝てなかった場合は鹿島アントラーズ頼りとなります。

 

 

 

 

3.ACL進出してほしい

これまで決してコンサを熱烈に応援していたわけでもありません。そんな人間がコンサのことを取り上げるのもおかしいのかもしれませんが、コンサがここまで強くなったのは、熱心にではなかったとはいえ長年コンサを見ていた人間としては感慨深いものがあります。ぜひとも来週の試合に勝ってACL進出を決めてほしいです。

12月1日、札幌ドーム、サンフレッチェ広島戦、14:00キックオフ!