Be honest. Be ambitious.

野球好き大学院生の頭の中

新球場が楽しみだ。とにかく楽しみだ

どうも、mackeyです。

本日は、ファイターズの北広島移転の件で新しい動きがあったので、紹介したいと思います!

 

先日、プロモーション動画が公開されました。


HOKKAIDO BALLPARK

こちらがそのプロモーション映像です。これ、本当に理想通りに完成したらすごいですよね!(語彙力)

一応ドーム球場という扱いになるんですかね?開閉式屋根付きの天然芝球場というのは日本にはないのですが、アメリカにはいくつかあります。例えばマリナーズの本拠地のSafeco Fieldなんかがそうです。北海道の場合、冬は屋根を閉めっ放しにする必要があると思われますが、天然芝のためにいろいろ工夫がなされるようですね。開けっ放しなら別に大丈夫だとは思いますが。コンサのフィールドも冬は外に放置ですもんね。

まあ、これだけ天然芝球場を渇望する理由は……お察しください。特に札幌ドームのグラウンド開放の際にグラウンド上に立ったことのある方がいればおわかりでしょう。あんなのの上でダイビングとか信じられないです。

あと、周辺には商業施設・ホテル・レストラン・温浴施設なども併設するプランがあるとのこと。なのでファイターズの試合が開催されない日も楽しめるというのも魅力です。普通にそっちの方も新球場と同じくらい気になります。イメージ的にはどんな感じになるんですかね、北海道で言えばReraとかの雰囲気かな?Reraにホテルとかはないけど。

 

課題面としては、やはりアクセス面でしょうね。従来と比べれば、札幌市民にとって不便なのは認めざるを得ません。もっとも道外からの遠征民にとっては従来よりアクセスが良くなるでしょう。JR1本で来れます(今までもバス1本のルートはありますが、ダイヤ面で安定しますね)。また、新駅開設が可能なのか、バイパス道路はどうなるのかといった問題も解消していく必要があります。こんだけ不透明な問題抱えていても札幌ドームからの撤退を決めたということは……つまりそういうことです。まあ、時間が掛かるのは事実ですが、関東地方の方々にこの文句ぶつけたらおそらく怒られる程度のレベルのようです。実際JRで札幌北広島間なんてそんなに時間かかりませんからね(問題は乗客人数)。エアポート増便が厳しいとしても、増両できないのかな。

あと、若干収容人数が減少しますね。7000名程減ります。なので、開幕戦とか大事な時にチケット取りづらくなるなぁ……というのが個人的な感想。ですが、シーズン平均して35,000人とか間違いなく入ってないよなという話です。この数字記録できるの3球団しかないですから(ジャイアンツ・タイガース・ホークス)。そう考えると42,000人の収容人数ってちょっと余剰大きいですよね。これヤフオクドームより収容人数多いですからね。

従来の観客が離れるリスクはたしかにありますけど、たぶんそんなに影響ないと思います。僕はたぶん結局行くと思います。そしてアクセスが不便になるのもすぐ慣れると思います笑

 

 

 

 

開業は2023年3月予定とのこと。このシーズンはファイターズ北海道移転後20年目のシーズンという節目に当たります。ちなみに僕は30歳になる年です。勝手に二重にメモリアルイヤー。その頃本当に札幌に僕がいるのか全くわかりませんが、絶対新球場での観戦は果たすつもりです!