Be honest. Be ambitious.

野球好き大学院生の頭の中

地震がありましたが無事です。

こんにちは、mackeyです。

 

本当は、次の更新は先日行った旭川の話の予定でしたが、今回は内容を変更いたします。

 

 

 

 

ご存知の通り、僕が住んでいる北海道を地震が襲いました。しかも、かなり大きな地震でした。僕の住んでいる地域は震度6弱。この地域では、観測開始後史上最大の震度だそうです。

f:id:mackey5law:20180908154210j:plain

家から近い道路についても、陥没等の被害がありました。この下を地下鉄が通っていることから、過去の工事の影響なのかもしれませんが、近くで見てみるとやはりショックもありました。

 

 

 

 

ちょうど旭川から帰ってきて、家について1時間後くらいに地震は発生しました。当然、経験したことのない揺れだったものですから、布団の中に隠れて身を守ることしかできませんでした。

揺れは収まりましたが、すぐ停電です。マスコミでも報じられている通り、北海道全域が停電になりました。今回、被災したという実感があるのは停電でしょう。家の本棚倒れただけではこんなには実感がなかったと思います。規模としては阪神淡路大震災に匹敵する戸数とのこと。

 

人間、これほどのことが起こると、冷静な判断力を失うものです。朝起きて、まずどうしようか、と悩んでいたのは

「レンタカーどうしよう……」

ということです。レンタカー借りて旭川に行って帰ってきて、翌日返却の予定だったんです。それで家の近くのタイムズに停めて、家に着いたんです。

地震が発生して停電になって、とりあえず水道とか確認して水ためて……とやった後に思ったことが

①タイムズのバー開かなかったら出せなくね?

②レンタカーの店が営業してなかったらどーすんの?これ

でした。

 

まあ、結果的には

①最初から出口開いてたし、問い合わせたら駐車料金の支払いも免除された

②営業してたし、ガス欠でもいいよってなった

③むしろ信号止まってる中でのスリルドライブを心配すべきだった

ということで、むしろ安上がりになりました。まあ安上がりかどうかはどうでもよくて、特にレンタカーについては自らも地震に遭ったというのに真摯な対応をしていただいたことを本当に感謝しております。タイムズさんとホンダレンタリース北海道さん、本当にありがとうございました。

 

 

 

レンタカー返してから「絶対優先順位間違った」と冷静になった僕は、そこからは慎重な行動をとるようになりました。

 

 

 

 

さて、その後の復旧状況ですが、我が家は幸運にも水道は動いており、地震当日に電気も復旧しました。現在では、店で販売されている物が少ないこととガソリンスタンドの長蛇の列くらいが日常と異なることでしょうか。あまり生活に不自由ない状況にはなりました。今後また大きな地震が来る可能性もあるのでそれに備えてはいますが、ひとまず一息ついたところでしょうか。

 

停電中は、乾電池式のラジオとスマホだけが情報源でした。ラジオは強いですね。一人暮らししたらラジオちゃんと買っておこうと決意しました。

スマホは電波悪かったです。wi-fi復活したときの通信がスムーズすぎてびっくりしました。あと、スマホについてはモバイルバッテリーとか持っていたので充電足りましたが、かなり節約して使っていました。

 

火力発電所がひとつ止まっているため、電力がまだ完全復旧しているわけではありませんが、だいぶ戻ってきました。徐々に物流も復活するのではないでしょうか。日常を取り戻すまでまだ時間はかかりそうですが、頑張って乗り越えます。しばらくは地震に最大限の警戒をして過ごすつもりです。