Be honest. Be ambitious.

野球好き大学院生の頭の中

今年限りでファンクラブを退会します。ですが、これからもファイターズは応援していきます

こんばんは、mackeyです。

 

 

 

タイトルの通りなのですが、北海道日本ハムファイターズのオフィシャルファンクラブを退会することに決めました。高校1年生の頃入会して、今年まで10年間の継続年数でしたから名残惜しくはあります。

 

 

 

ただ、退会ということなのですが、ひとつ説明しておきたいのは

ファイターズファンはやめません!

これは言っておきたいです!

 

別に、この1~2週間に嫌気がさしてファンやめるわ、とかいうことではないです(気分はやや沈んでいますが……)

そんな簡単にファンやめるような人間が10年もファンクラブ入会継続しません笑

 

 

 

じゃあ、なぜ退会するのか。

ここ数年、正直観戦には全然行けていません。行く余裕もありません。今年なんてまだたった1回です。良くてあと2回行ければいいかなー、という感じ。また、バイトとかも継続的に出来るわけではありませんから、年会費の負担が重くのしかかります。そういった現実的な話がひとつあります。

 

そして、もうひとつは、けじめと言えばいいでしょうか。あ、某ボクシング連盟の某会長(元会長?あの方はよくわかりませんね)の言葉を借りたわけではありません笑

「応援を続ける」と宣言しているのと矛盾している気はしますが、この先僕がやらなければならないことを考えたときに、趣味とかからは離れなければならないと感じたことが理由としてあります。一度、俗世を捨てるくらいの覚悟で挑まなければならないなと、腹を括りました。そのため、大好きな野球との距離を置こう。そう決めました。その第一弾が昨年の野球サークルの引退でした。そして、今年、このような形をとります。実はこれでも野球は最後までやめなかった側の趣味です。

ここまで、徹底的に追い込まないと、成功する気がしない、失敗したときに後悔が残る気がする、そんな気がしたからです。僕は大谷翔平選手みたいにふたつのことを(二刀流のように)極められるストイックさは残念ながら持ち合わせていません。あそこまでいったらそれもひとつの才能ですけど。

 

 

 

自分を追い込む、という理由でファンクラブを退会しました。

 

ただ、何度も言うように、ファイターズが嫌いになったわけではありません。むしろ好きです。中田選手のFAの引き留めに成功しますように、と今から祈っています。シーズンを棒に振るレベルの怪我から復活した上沢投手、浦野投手に感動しています。マルティネス投手は願わくば今後も残留して欲しいです。鍵谷投手には復活して欲しいです。中島選手の打撃の成長には涙が出そうです。今後も平沼選手、堀投手がパリーグを代表する選手へと成長していく姿を見守っていきたいです。有原投手が日本のエースになれるまで応援し続けたいです。杉浦投手、藤岡投手が新天地のファイターズで輝くことを期待しています。

ファイターズファンはやめません。たとえ福岡に引っ越すことがあったとしても、ファイターズファンを貫くつもりです笑

どうでしょう藩士でもある僕が最後に一言付け加えるなら、この言葉でしょう。

 

 

 

一生ファイターズします