Be honest. Be ambitious.

野球好き大学院生の頭の中

サッカーW杯で盛り上がっている中、敢えて将来の侍JAPANを考えてみた

おはようございます、mackeyです!

こないだの日本vsコロンビア、僕は家に着いたところから見始めたんですよ。たしか前半7分からですよ。したらね?

1-0で勝ってたんですよ

日本代表には失礼なんですが、ちょっと信じられなくて笑

後から見たら、決定機の枠内シュートを相手が手で止めてしまって一発レッド退場で香川PKということだったんですね。ただ、そのとき僕の頭の中によぎったのは4年前の日本vsギリシャ。皆さんも覚えているでしょう。完全に守り固められて勝てなかったやつです。今思うと、ほんと前回大会詰め合わせみたいな試合でしたね。相手はコロンビアだし、ギリシャ戦みたいな展開になるし。

 

そして、やっぱり何といっても

大迫半端ないって!

あいつ半端ないって!

W杯で決勝ゴールするもん!

そんなんできひんやん普通!

ですね笑

 

 

 

まあ、野球ファンの僕も今回ばかりはサッカー観てるんですが、ここで思い付き企画。

せっかくサッカーの代表戦やってるわけですから、野球の代表決めるなら誰選ばれるんだろう?というのを考えてみたいと思います!めっちゃ唐突です!笑

 

 

 

|目次|

 

 

 

 

序.選出ルール

①投手13名以上

②捕手3名以上

③メジャーリーガー選出あり

④現在怪我で離脱中だとしても怪我していないと仮定

⑤平成生まれ限定

 

ルールはこうしてみました。将来を見据えた布陣です。平成縛りによってマー君世代が外れるので、これでどうなるか考えてみましょう。

 

 

 

 

1.投手

投手は、先発・第2先発・リリーフというふうに役割が分担されるでしょう。

 

(1)先発・第2先発

菅野智之読売ジャイアンツ

菊池雄星埼玉西武ライオンズ

・千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス

上沢直之北海道日本ハムファイターズ

大谷翔平ロサンゼルス・エンゼルス

・東克樹(横浜DeNAベイスターズ

 

野投手、菊池投手、大谷投手は当然選出です。そして、今年は離脱が目立っていますが成績自体はそれほど悪くない千賀投手も選出確実でしょう。

 

で、あと2名と考えまして。誰にしようか、と。

ここで選出したのが上沢投手と東投手です。上沢投手は今年大ブレーク扱いになるんですかね?ファイターズファン的には4年前がブレーク年だと思っていますが。

そして、左腕で東投手。いや、彼は新人王ほぼ確実じゃないですかね。

 

他に候補としては、今年の感じだと、大瀬良投手、秋山投手、西投手あたりも挙がりそうですね。

 

 

(2)リリーフ

・嘉弥真新也(福岡ソフトバンクホークス

・加治屋蓮(福岡ソフトバンクホークス

公文克彦北海道日本ハムファイターズ

中崎翔太広島東洋カープ

山崎康晃(横浜DeNAベイスターズ

・石川直也(北海道日本ハムファイターズ

・山本由伸(オリックスバファローズ

 

クローザーは迷わずヤスアキジャンプですね。本当は対抗馬に松井裕樹投手がいるんですが、今年はかなり苦しんでいますので見送りです。

左腕は嘉弥真投手・公文投手あたりを起用。やーリリーフはあまりわからねぇ、勉強しなきゃ。

セットアッパーに中崎投手ですかね。本当は山本投手もありなんですが、石川投手もなんですけどロングリリーフもありえそうなので。

にしても、ホークスはなんでこんなポンポン選手出てくるんですかね。今回森投手選んでないのにこれですよ。

 

選出を迷ったのは中尾投手、砂田投手あたり。WHIPの差ですかね、違いは。

 

山本由伸投手は先発で使ってほしいんだけどな……これ松井裕樹投手のときも同じこと思ってたなそういや。

 

 

 

2.野手

(1)捕手

今僕が選ぶなら、こうですかね。

 

小林誠司読売ジャイアンツ

・甲斐拓也(福岡ソフトバンクホークス

森友哉埼玉西武ライオンズ

 

田村選手もありかと思い、甲斐選手と迷ったんですが、投手陣がホークス多くなりそうなんで、甲斐選手にしました。森選手は代打・3番手キャッチャーの位置づけですかね。そしてなんといっても世界のKOBAYASHIです。

 

(2)内野・外野

内野

・田中広輔(広島東洋カープ

・浅村栄斗(埼玉西武ライオンズ

中島卓也北海道日本ハムファイターズ

山川穂高埼玉西武ライオンズ

山田哲人東京ヤクルトスワローズ

・外崎修汰(埼玉西武ライオンズ

源田壮亮埼玉西武ライオンズ

 

外野

大田泰示北海道日本ハムファイターズ

筒香嘉智(横浜DeNAベイスターズ

西川遥輝北海道日本ハムファイターズ

・近藤健介(北海道日本ハムファイターズ

 

即決の選手は、まずパリーグ打撃部門四天王のふたり、近藤選手と山川選手です(四天王残りふたりは秋山選手と柳田選手)。そして、主砲の筒香選手です。とりあえず、OPS1超の3人は即決です。そういや近藤選手、いつの間にかOPS1位になってました。

そして三度目のトリプルスリーに挑んでる(しかも本当に達成できそう)山田選手もすぐ決まりました。このあたりが軸となりそうで、ポジションとしてはファースト山川・セカンド山田・レフト筒香・DH近藤となる予定ですから残りを埋めていきます(ちなみにDH大谷ライト近藤もあり得る)。

 

続いて、空いているサード、ショートなんですが、ショートはまだいいです。田中広輔選手・源田選手とトップ代表クラスの選手がちゃんといますから。問題はサードです。元々、なかなか松田選手を脅かす存在が出てこないポジションですが、せっかく出てきた宮崎選手もギリ昭和。つまりあのプラチナエイジ・マー君世代。大山選手も今年は苦しんでいますし、西川龍馬選手もなかなか出てこないですね。そんな状態ですが、ここで名前が挙がるのはリンゴスター外崎選手でしょうか。あと、田中広輔選手がサードも守れるのでこれで運用できるかな、というところです。サード田中によって筒香選手の守備固めの際に外崎選手を外野に回せますし。

 

あとひとり誰選ぶか、ということで、今回基本的に代打要らずの布陣です。となると、守備のユーティリティが欲しい。ということで、プレミア12の際にそういう選出となったウチの中島選手を投入させていただきます笑

 

迷って外した選手としては、まずファーストでは中田選手と岡本選手です。というのも、どう考えてもファーストは山川選手がスタメンでしょうし、浅村選手でファーストとセカンドのバックアップ効くんですよね。まあ、現実では中田選手が外れることは考えづらいですね、特に今年のように本来の姿を取り戻しつつある場合は。ゾンティエン無しで戦うのやっぱ無謀な気もするなぁ。

セカンドだと菊池選手ですね。今年精彩を欠いていることから見送り。あと、吉川尚輝選手は素晴らしい守備を見せていますが、結局山田選手いりゃいいじゃん、ということで見送り。

ショートは今宮選手、茂木選手、京田選手も候補に挙がりましたが見送りですね。

サードはそもそも候補がいない。やばい。清宮君、サードにチャレンジしてみないかい?

 

外野ですが、ライト迷ったんです。鈴木誠也選手や上林選手も入れようかと思ってたんですよ。ですけど、それだと誰がセンター守るんだよ、ってことになったんです。

センターは候補としては西川選手か桑原選手くらいなので、それなら西川選手だなーと。西川選手でしたら全ポジション守れますから。まあ、この陣営じゃセンターフルですよね西川選手。

そこで更に考えたのが、じゃあライトどうするんだ、と。3人のランク付けとしてはこんなイメージなんです。

 

攻撃:鈴木誠也大田泰示>上林誠知

守備:大田泰示=上林誠知>鈴木誠也

 

例年なら迷わず鈴木誠也選手ですが、今年はそれほど圧倒的でもなく、むしろ大田泰示選手の神っぷりが際立っているので大田泰示選手としました。

 

他に迷ったけど見送った選手として真っ先に挙がるのは吉田正尚選手ですね。捨てがたいアメージング。

 

(3)オーダー

大谷いる場合

1 2B 山田哲人

2 RF 近藤健介

3 DH 大谷翔平

4 LF 筒香嘉智

5 1B 山川穂高

6 3B 外崎修汰

7 SS 源田壮亮

8 C 小林誠司

9 CF 西川遥輝

 

大谷いない場合

1 2B 山田哲人

2 SS 源田壮亮

3 DH 近藤健介

4 LF 筒香嘉智

5 1B 山川穂高

6 RF 大田泰示

7 3B 外崎修汰

8 C 小林誠司

9 CF 西川遥輝

 

…なんでしょう、この

北海道日本ハムライオンズ

は。笑

キャッチャーについては、こんだけ打者揃ってたら森選手使わなくてもいいのかなって気がしたのと、やはり

世界のKOBAYASHIは外せません

 

あと、大谷いないときの2番打者迷いました。いずれにせよバントさせる気はありません笑

2番大田好きなんですけど、源田選手がポイントゲッターとしても機能していますし、機動力が圧倒的に源田選手が強いこと考えると源田選手かなーと。

 

こんな感じですが、どうでしょう。これライト鈴木誠也選手だとまたいろいろ変わりそう笑