Be honest. Be ambitious.

野球好き大学院生の頭の中

交流戦終了!

こんばんは、mackeyです!

課題が煮詰まったときがだいたい更新するときです!(だめじゃん)

 

今日、交流戦が終わったので、その話題に触れましょうか。

 

 

 

|目次|

 

 

 

1.結果発表

 チームとしては、結果は10勝8敗貯金2でした。

ちなみにパリーグ首位のライオンズと同率です。つまり、交流戦開始時点とゲーム差は変化なしの1ゲーム差です!

ちなみに、雨天中止が連発した影響でまだ日程を消化しきっていないのですが、交流戦6位以内が確定しています。計算していないのでわかんないんですが、なんかライオンズよりは上位になる、とかもしかしたら3位まであり得る、とかいろいろ噂が飛び交っていますが、まあそこはルールがよくわからないので結果を待ちましょう。

 

 

2.活躍の光った選手

(1)投手

交流戦期間中、投手はあまり結果が良くなかったのですが、最低限踏ん張れたようには思います。

その中、マルティネス投手は安定していましたね。上沢直之投手も1試合乱調でしたが、他の2試合は持ち直していました。結局3戦3勝です。リリーフ陣では、実は石川直也投手が無失点です。素晴らしい!

 

(2)野手

交流戦では、間違いなく打がチームを引っ張っていました

特に、最後まで交流戦三冠王の可能性を残すほどの活躍を見せていた近藤健介選手中田翔選手は圧巻でした。この3・4番がいるんだから強いに決まっています。また、大田泰示選手も好調を維持。そして中島卓也選手がいい意味で別人のようなバッティング(長打連発)を見せていました。

個人的には、横尾俊建選手が昨シーズン終盤のような打撃を取り戻しつつある点と、清水優心選手が長いトンネルから抜け出しつつある点も注目したいです。

投手陣も打撃で結果を残していたのが印象的でした。上沢直之投手マルチヒット、本日の試合で上原健太投手がプロ初ホームランというのが印象的です。

 

 

3.いよいよリーグ戦再開

今週末には、上位5チーム全然差が埋まりも離れもしなかったパリーグがまた再開します。今後、個人的に注目したい選手について言及したいです。

(1)上原健太投手

Point. 待望のローテーション左腕となれるか

現在、先発左腕が加藤貴之投手しかいない状況です。できればもう1枚左腕が欲しいところで、上原投手が2試合連続で先発として最低限の仕事を果たしました。上原投手は先発ローテーション入りの大チャンスを迎えているのではないでしょうか。和製ランディジョンソンの覚醒に期待しましょう。

 

(2)有原航平投手

Point. チーム内の居場所をも懸けるほどの正念場

mackey5baseball5f.hatenadiary.jp

こちらのブログでも言及した通り、有原投手は背水の陣と言っていいところまで追い込まれたようにも思えます。復活できればローテーション再加入、もしくはクローザー就任がありますが、このままうまくいかないようであればトレードも本当に覚悟しなければならないでしょう。

 

(3)石井一成選手

Point. セカンド争い

今季最大の課題となっているのがセカンド争い。現時点では候補は2人に絞られたように思います。

そのひとりが石井一成選手。元々守備型の選手で、最近打撃でも成長を見せています。彼の魅力はプルヒッターという点のようですから、小さくまとまらずにガンガン引っ張って長打意識を持ってほしいです。

 

(4)横尾俊建選手

Point. セカンド争い

セカンド争いもうひとりが横尾選手。石井一成選手とは対照的に、打撃型の選手です。といっても、守備範囲に目を瞑れば(瞑れるレベルじゃないけど)確実性という観点ではセカンド守備も有能なレベルです。

最近、横尾選手らしいホームランが増えてきました。打者・横尾は是非とも下位で振り回しまくってほしい。

ふたりの争いが、いよいよ贅沢な争いと呼べる日が来そうです。