Be honest. Be ambitious.

野球好き大学院生の頭の中

5月終了。この成績は本物か。

おはようございます、mackeyです!

 

さて、本日は6月1日です。

谷口雄也選手、誕生日おめでとうございます!

たしかここからファイターズ戦士の怒涛の誕生日ラッシュだった記憶が。

 

 

昨日から今日にかけて

平成最後の5月が終わった

というパワーワードをちらほら耳にします。まあ、いずれにせよ、5月は終わりました。

 

で、5月はどうだったでしょう。見ていきましょう。

 

 

 

 

|目次|

 

 

 

 

1.現在の成績

さて、現在のファイターズの成績です!

 

 

50試合 29勝21敗 首位とのゲーム差1

 

なんと!首位・ライオンズとの差を詰めました!間違いなく交流戦直前のビジター3連戦のスイープが効いています。あの3連戦で唯一残念だったのは、山賊打線ホッカホカにして交流戦へ送り込んでしまったことでしょうか。昨日の1イニング10点でしたっけ?せっかく冷やしたはずの打線が完全復活してて笑えません。ライオンズ勝っちゃうじゃん……笑

 

 

 

 

2.活躍が光った選手

では、今月活躍が光った選手をピックアップしていきましょう。月別成績計算するのすごくめんどいのでそこは割愛でお許しください…笑

 

(1)投手

上沢直之投手

2試合連続完封は圧巻の一言に尽きます。しかもその2試合は、山賊打線相手と、ZOZOマリンの大雨の中での完封でしたからとんでもなく価値のあるものです。ですから皆さん、水曜日の巨人戦は忘れてください笑

 

②石川直也投手

3・4月はライオンズにいいようにやられてしまっていたのですが、今月は8ホールドを記録し失点も2と記録上は安定していました。まあ抑えてくれればいいです。フォアボールが更に減るとより信頼を勝ち取れるでしょう。

 

 

(2)野手

大田泰示選手

4月より打率は落ちるものの、打点が急増しています。今シーズンは近藤選手に並んで活躍が非常に目立っています。いよいよ大器が覚醒のときを迎えたかもしれません。

超攻撃型2番たまらん。

 

②レアード選手

欠場した時期もありましたが、さすがはMr. Mayです。今月はホームランを量産しました。

 

③近藤健介選手

こちらも離脱がありました。しかし、離脱中のメンテナンスで長打力のアップデートがなされたようで、急にホームランが増えました。

 

その他で言えば、中島選手のバッティングに変化が見られ始めたこと、鶴岡選手が思っていたより打ててること、投手陣と守備陣の安定がポイントですね。

 

 

 

 

3.6月の展望

では、6月のポイントはどのあたりになるでしょうか。

 

(1)有原投手の復調

今、ファイターズが最も悩んでいる点はこちらでしょう。

 

mackey5baseball5f.hatenadiary.jp

 

僕もこんな記事書きましたが、なかなか苦しいピッチングが続いています。有原投手が有原投手であることを証明してくれれば、ファイターズの先発陣は12球団屈指のものとなります。だって完投期待できる投手4人もいる(マルティネス・上沢・高梨・有原の4投手)って普通ないですよ笑

 

 

(2)達成間近の記録

いくつか今月中に達成しそうな記録があるので紹介します。

 

西川遥輝選手

通算200盗塁(あと1盗塁)

通算盗塁成功率(200盗塁以上)歴代1位

 

あの物議を醸した幻の3盗で、200盗塁はお預けとなりましたが、西川選手が1か月の間に1盗塁もしないというのは考えられません。ですから達成はほぼ確実です。今日からの3連戦での達成を期待しましょう。

できれば、成功率の現在1位の人の目の前で決めてほしかったという気持ちもありましたが…笑

 

中島卓也選手

通算200犠打(あと3犠打)

 

今年はリーグでも2番目に犠打が少ないチームで、中島選手自身も今季4犠打しか記録していないので今月の達成は微妙ですが、今季中の達成は間違いないでしょう。

 

 

宮西尚生投手

通算600登板(あと8登板)

通算ホールド歴代1位(あと4ホールド)

 

 

プロ11年目で、もはや600登板目前。ペースとしては、あの岩瀬投手の記録を更新することも期待できるほどです。

もっとも、本当に注目すべきはもう一つの記録ですね。僕も今ふと気になって調べてわかったんですが、実は山口鉄也投手(ジャイアンツ)の通算ホールド記録の更新目前です。山口投手が今季まだ登板がない上に現在のジャイアンツの勝ちパターンが充実しているため、山口投手がホールドを重ねることはやや難しい状況です。一方宮西投手は今季パリーグホールド・ホールドポイントランキングでどちらも1位と順調にホールドを記録しています。山口投手の復帰の時期、復帰後の起用法にもよりますが、更新が大いに期待されます。

 

中田翔選手

通算200本塁打(あと11本塁打

 

昨日も非常に効果的なホームランを放ってくれた中田選手。平成生まれ初の200本塁打達成が迫っています。月間11本塁打ってかなり好調じゃないと厳しいですが、中田選手がゾンティエンモードになったら余裕で達成です。

 

 

(3)交流戦でいかに離されず食らいつけるか

さあ、パリーグお得意の交流戦が始まりました。正直、例年勝っても離せない・負けたら離されるが続くのでしんどいです。初日もイーグルス以外全部勝つわ、昨日はAクラス3チームが揃って勝つわ、ホークスは3連勝しやがるわ、でほんときつい戦いです。

ここで落とせない、というのがパリーグのつらいところです。今年はパリーグ弱いって言われてたのに話が違うぞ今のところ…。最低限勝ち越さなければなりません。

 

 

 

 

なんか、2011年や2015年の展開(※2チームで前半戦はデッドヒートを繰り広げるも、後半戦でファイターズが急落)に似てて悪夢が頭をよぎりますが、今年はきっと違うはず…!このまま食らいついて首位争いの位置をキープしたいですね!