Be honest. Be ambitious.

野球好き大学院生の頭の中

期待したい道産子。杉浦稔大投手の昇格が待ち遠しい!

こんにちは、mackeyです!

今日は、気になる選手がいるので紹介したいと思います!

気になる選手とは、道産子でもある杉浦稔大投手です!

 

 

 

|目次|

 

 

 

1.杉浦稔大投手のプロフィール

まず、プロフィールを紹介します。

 

名前:杉浦稔大(すぎうらとしひろ)

出身:北海道帯広市

生年月日:1992年2月25日

身長:189cm

体重:86kg

経歴:帯広大谷高校國學院大學→スワローズ(ドラフト1位)→ファイターズ

投打:右投右打

 

帯広市出身の道産子選手です。甲子園もあと一歩のところまで迫りました。大学時代もエースとして活躍し、ドラフト1位で東京ヤクルトスワローズに入団しました。

 

 

2.東京ヤクルトスワローズ時代、そしてトレード

プロ入り後は即戦力として期待されるも怪我で開幕絶望、プロ初登板はシーズン終盤まで遅れました。しかし、初登板後4試合23イニングを投げ28奪三振と期待の持てる内容でした。

2年目は、またもや怪我に泣かされるも、優勝争いの最中や日本シリーズでの先発も果たすなど、期待度の高さを伺える起用がされてきました。

しかし、その後もやはり怪我に泣かされ続けます。4年目の4月に右肩を痛め、リハビリ中の7月にトレードで移籍となりました。

ちなみに3年目オフ、元モーニング娘。紺野あさ美さんと結婚します。遺紺試合に巻き込まれそうな予感

 

 

3.今季のファーム成績

では今季のファーム成績はどうなっているでしょうか。

 

登板 4

投球回 7

防御率 1.29

奪三振19.29

BB/9 3.86

K/BB 5.00

WHIP 1.00

 

皆さん、奪三振率にご注目ください。1イニング2奪三振以上のペースの記録です。元々潜在能力には期待されていましたが、ファームとはいえここまでの数字を残すのは別格です。

 

 

 

これだけの成績を残しているのであれば、今年どこかのタイミングで1軍の登板を見ることができるかもしれません!