Be honest. Be ambitious.

野球好き大学院生の頭の中

勉強ってなんだろう

こんにちは、mackeyです。

 

 

突然ですが、今日注目したいのはこの記事。

 

www.nishinippon.co.jp

 

朝課外なんてあるんですね。

僕はこのブログにおいてたびたび勉強について言及していますので、ちょっとこの記事に注目して、エセ勉強評論家として……とまでは言わないけど、感想を記したいと思います。

余談ですが、さっき予測変換に頼ったら朝加害って出てきまして。個人的にはたぶんそう受け止めるのであながち間違いじゃねえなと驚きました笑

 

 

 

|目次|

 

 

 

 

1.それは「大人のエゴ」じゃないかなぁ

今回、この報道は「西日本新聞」の記事から情報を入手しました。ですので、文中の話についても西日本新聞社のバイアスがかかっていることは頭に入れていただきたい。

 

そのうえで、僕が「?」って思った文章が以下の通りです。引用です。

 

40代男性教諭は「任意を徹底すれば勉強しない子はずっとしなくなる」と危惧する。この高校では実際に同意を促した教員もおり、結果的に9割の生徒が参加を表明したという。進学校に追いつきたいという事情もあるようだ。

 

勉強って、別に強制的にやらせるものではないはずなんです。しないやつは放っておいていいはずなんです。たしかにこの先生の親心は否定しませんが、勉強が全てではないんじゃないかなぁ。小学校・中学校と異なり、義務教育でもないという点は踏まえるべきかと。

 

そして、もっとおいおいって思ったのは、「進学校に追いつきたいという事情もある」という点ですね。これ、完全に学校側のエゴですよね。生徒からすれば余計なお世話とも言えるでしょうね。進学校に追いつきたいのは何故なんでしょうか。今いるレベルの学生をもっと成長させたい思いだけでしょうか。本当は今いるレベルの学生を排除したいのでは?そうとも受け取れますからね。

 

 

 

2.受験は個人戦

続いて、こちら。

 

働き方改革が叫ばれる中で「生徒のため」と信じて準備に励む教員は少なくない。「受験は団体戦。空席が目立てばモチベーションに影響が出かねない」(30代女性教諭)と懸念する声もあった。

 

はい、出た。

受験は団体戦

これ、どうしても納得できないんですよ。

個人的な感想でしかないと前もって言っておきますけど、受験は最終的には個人戦です。そもそも、励ましあって高めあって、という点を捉えて団体戦と言いたいんでしょうけど、これってスポーツの個人競技でも普通にあることですよね?

もっと厳しいこと言いましょう。そんな周りの状況でモチベーションが左右されるような程度の覚悟しかないのであれば受験を乗り切るのは難しいですよ。最終的には周りに流されないことが大事なんです。

 

 

 

3.勉強の目的ってなんだろう

僕は「勉強をして生きていく」という道を自ら選びました。ですが、勉強が全てではないこともわかっています。その朝早く起こされて費やされる45分間は、どれだけの人にとって有意義なのだろうか…というふうに感じました。強制される勉強って意義あるのかなぁ……と思いますね。

 

思い付きでばーっと書いた記事なので、考えがまとまっていない部分もありますが、本日はとりあえずこの辺で。高梨投手、リベンジ期待。