Be honest. Be ambitious.

野球好き大学院生の頭の中

めちゃイケが終わってしまった

おはようございます、mackeyです!

 

まったく野球と関係ない話で恐縮ですが、3月31日、僕はめちゃイケ最終回を観ていました。

大好きな番組でしたので、本当に残念というか、悲しいという気持ちもありますが、最後まで笑いました。番組終了発表から「期末テスト」や「日本一周」といった人気企画はもちろん、「数取団」を始めとする懐かしい企画、最終回に至っては「クイズ濱口優」とか「七人のしりとり侍」とか「Mの三兄弟」といった物議を醸すとしか思えない懐かしい企画をやってくれて本当に感謝です!願わくば「THE STAMP SHOW!!」やってほしかったなあ…あれただハリセンでぶっ叩かれるだけだけど面白かった笑

 

世代としてはギリギリめちゃイケ世代に含んでもらえるかどうか、というくらいの年齢。番組初期となると覚えているかどうかも怪しいくらいですから、めちゃイケ世代と言えるかどうかは極めて怪しいです。前身番組の「新しい波」や「とぶくすり」なんて僕が生まれる前に放送が開始した番組ですからね。

 

それでも長年観てきた番組です。岡村オファーシリーズもほぼ毎回チェックしてましたね。オカザイル第一弾(DANCER'S ANTHEM飛び込み参加のやつ)と修造チャレンジ(「つくね」のやつ)が個人的には傑作ですね。あとは、よく三浦大知のやつできたなぁ…笑

岡村さん復帰のときや矢部さんの100kmマラソンも感動しましたし、加藤さんの家族の話とかもあったり、なんていうかただバカ騒ぎするだけでなくそういうドキュメンタリーチックなことしてくるから、なんていうか、ずるいですよね(?)

 

番組の終了は本当に残念です。物心ついた頃から当たり前のように土8の番組として続いていたので、喪失感みたいなものもあります。特に、フジテレビは長寿番組がここ数年で次々と終了していますよね。いいとも、スマスマ、みなおか、そしてめちゃイケ。スマスマはちょっと別の事情でしたが、どれも当たり前のように見ていた番組でしたね。今となってはあまりバラエティを観なくなったのも、それこそめちゃイケとかがあまり過激なことできなくなってきてからなのかなって気がします。それに加えて、これを指摘することは本人にとって酷だと思いますが、やはり岡村さんの長期離脱のあのタイミングがターニングポイントとなってしまったのかなぁ…

たしかに時代に合わないと言われればそうかもしれませんね。番組の内容とかも変わってきましたからね。ただ、ああいうバカ騒ぎする番組も出来ればもう少し観ていたかったなとは思いました。

こんな記事書いて、もしこれをネット民が見付けたらマウント取りに来そうですが、好きなものを好きと言って何が悪いのかという心持ちでいたいと思います笑