Be honest. Be ambitious.

野球好き大学院生の頭の中

再開がてら雑談!~①野球を「観る」視点で

気付いたらキャンプは始まってるわ平昌五輪も始まってるわで世間から置いていかれてます!皆様おはようございます!mackeyです!

くっそ忙しい時期から一瞬だけ解放されているので、ちょっと更新したいと思います!

ちなみに2月後半はまたくっそ忙しくなります笑

 

 

最近、更新するときに「どういう記事なら需要あるかな?」とか考えたりもしていましたが、別に元々自己満で始めたことを思い出したので、まあ好きなことを好き勝手に書きつらねていきたいと思っています。気分だけは兼好法師。まさに「つれづれなるままに、日暮らし、パソコンにむかひて、心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ」(一部現代アレンジあり)

 

 

 

僕は、このブログを読んでくれている方ならご存じかと思いますが、野球を「観る」のも「する」のも大好きな人間です。

なんで、今日は、野球を「観る」視点の話をだらだらと。今度野球を「する」視点の思い出話とかしようかなって思っています。

 

 

野球は現地でも観ますし、テレビでも観ます。基本、テレビで観るのはほぼスポーツ番組でして(本当はもっとバラエティとか観たいけど時間の制約が……)、それでいろんな試合を観てきたわけです。なので、今回は個人的感覚の選出で今まで観てきた野球の名場面を紹介していこうかなって思います!観始めた時期の関係から全部21世紀の出来事ですし、ファイターズ多めになると思いますが許してくださいお願いしますなんでもしますから

 

 

ランキング形式にしようかなとも思ったけど、順位付けがめんどくさい難しいので順々に並べていきます!

 

 

①01年近鉄・代打北川逆転サヨナラ満塁優勝決定ホームラン

これだけリアルタイムでは観てないんですが、こんな鳥肌シーンないでしょ、って感じです。YouTubeでリピートしまくっちゃうシーンです。

左中間へ行ったぞ!!行ったぞ!!行ったぞ~!! 今年の近鉄何かが起こった!! なんと!!逆転!!サヨナラ!!満塁!!ホームラ~ン!! 代打北川!! これ以上の出来事はない大阪ドーム!! 帽子を投げ捨てた北川!! 中村走った‼ 北川を出迎えた!! しっかりと踏め!!しっかりと踏めよ!!ちゃんと踏めよ!!ホ~ムイ~ン!! 今年の近鉄何かが起こりました!!3点ビハインドから神がかり!!

はめちゃめちゃ有名ですよね。こんなん現地で観たら興奮どころの騒ぎじゃないと思います。

 

②06年WBC準決勝・福留代打ホームラン

あの「生き返れ福留」です笑

実況のあの流れからホームランとか台本かな?って疑うレベルで完璧なタイミングでした。僕が敬愛する松井秀喜さんの三冠王を阻止した男でしたからこのときまであんまり好きじゃなかったんですが、これだけで好きになりました。超単純。

 

③06年プレーオフ2nd第2戦

ファイターズファンなら普通「25年振りのリーグ優勝」とか「北海道移転後初の優勝」とかで覚えてるんでしょうけど、僕の場合は、この年投手四冠王に輝いたホークスの絶対的エース斉藤和巳投手が最後の最後で1点を失いマウンドで泣き崩れたシーンとして記憶しています。03年~06年の斉藤和巳投手はダルビッシュ有投手レベルの絶対的エースでした。

 

④08年日本シリーズ第7戦・片岡神走塁

昨年限りで引退した片岡コーチのいまだに忘れられないシーンです。デッドボールで出塁→すかさず盗塁→バントで進塁→サードゴロにも関わらずギャンブルスタートで1点もぎ取る。かっこよすぎかよ。

 

⑤09年甲子園決勝

繋いだ!繋いだ!日本文理の夏はまだ終わらなぁ~い‼」でピンと来る人も多いかと。あれあのまま日本文理が逆転してたら中京大中京が可哀想すぎるし、最後いい打球のサードライナーで終わったところとか、最高のバランスで両チームともにめでたしめでたしで終われた優しい世界の試合だったと思います。

 

⑥09年パリーグCS第1戦・スレッジ逆転サヨナラ満塁ホームラン

この試合正直負けかなーって思う展開でした。5-8でしたし。まさかあんなホームラン出るとはね。スレッジはこの1本でかなり神格化された感もあります。これの実況、YouTubeで「岩本バージョン」があるんですが、まじで面白いです笑

話によると、この試合を機に「北の国から」はサヨナラのチャンスとか大事な局面専用のチャンテになったらしいとのこと。

 

⑦09年日本シリーズ第2戦・ダルビッシュ一世一代の投球

後から複数個所の故障を抱えての投球だったと判明した登板。予告先発じゃなかったので、球場で名前がコールされたときの歓喜のどよめきは凄まじかったです。小笠原さん相手の最後のスライダーとか、後々考えるとなぜ投げられたのか不思議でなりません。

 

⑧10年巨人・谷満塁ホームラン

当時コーチだった木村拓也さんが急逝したときの追悼試合です。実況で泣きそうになりました。

いい当たりだ!左中間へ飛んだ!白球は!木村拓也へ!思いよ届け!逆転の!満塁ホームランになりました!同級生の谷佳知木村拓也に捧げる逆転の満塁ホームラン!想いは届きました!東京ドームは総立ち!オレンジのタオルが揺れる中、天国から木村拓也さんが笑っています

 

⑨13年DeNA・小池引退試合

これも実況がすごく泣けるやつでして。

レフトへー!もう一本ホームランは……行った行ったああああああー!涙の…!涙のホームラアアアン!!自らの引退に華を添える!!おそらく!泣きながらの!ダイヤモンド一周は初めてでしょう!しかし!今この時間が小池のためにある時間だ!!ゆっくり回っていい!15年間の思いを載せたホームラン!そして噛み締めてのホームイン!小池のホームラン!!最後の打席をホームランで締めくくりました!!

「ゆっくり回っていい」がもうたまらないです。

 

⑩13年日本シリーズ第7戦

楽天イーグルス、ピッチャーの交代をお知らせ致します。則本に代わりまして、背番号18!田中ぁー‼将大ぉー‼

リアルタイムで観てきた中ではたぶんこれが1番のシーンです。

 

⑪16年カープ優勝

カープの暗黒期を知る、当時から投打の柱として支えてきた黒田さんと新井選手が抱き合ったときにふたりとも号泣していたシーンは観ていて僕も涙腺崩壊しかけました。

 

⑫16年ファイターズリーグ優勝

そして、ついに涙腺崩壊したのがこの試合。個人的にもいろいろ苦しいことが重なっていた時期で、そのときの優勝だったので恥ずかしながらつい耐え切れず…笑

 

⑬16年日本シリーズ第5戦・西川サヨナラ満塁ホームラン

実況と解説がネタになってしまっていますが、ファイターズファンならこれ本当に絶叫レベルの出来事でした。

実況「ライトへ!ライトへ!ライトへ!ライトへ!ライトへ!ライトへ!満塁!ホームラン!」

前田さん「ホームランはないやろぉ……

個人的には本音漏らしちゃった前田さんには好感持てました笑

 

⑭17年オールスター第2戦・デスパイネ打席

ロッテの本拠地での試合だったのですが、ここでデスパイネのロッテ時代の応援歌が復活したのは鳥肌もんでしたし、そこでホームラン打ったデスパイネもすごいですし、その後もロッテの応援でホームランを喜ぶという、なぜかホークスファンも含めみんながロッテ時代の応援復活を喜んだシーンでした。

 

⑮17年日本ハム・飯山引退試合

印象的だったのが、最後に二遊間を組んだ田中賢介選手がずっと涙目だったことですね。本人より泣いてるんですもん。賢介おじさんは飯山コーチのことを「友達」呼ばわりして飯山コーチに「先輩やぞ!」とか言われていましたが、本当に仲良かったんでしょうね。

 

 

ざっと挙げただけでこんだけありました笑

今年はどんなシーンを観られるのか、開幕が楽しみです!