WE LOVE FIGHTERS!

道産子ファイターズファンによる、幅広い野球雑談とか

同級生の今シーズンを振り返る~第10回・阪神タイガース編

みんなどうぶつの森やってる…でも手を出したら勉強しなくなる…

こんばんは、mackeyです。

本日は、阪神タイガースです!やっと10球団!笑



↓初回記事はこちら↓
mackey5baseball5f.hatenadiary.jp


↓目次はこちら↓

93年世代の今シーズンの成績

タイガースには9名が在籍していました。



9 髙山俊

93年4月18日生まれ 181cm86kg 右投左打 外野手登録

103試合 打率 .250(328-82) 6本塁打 24打点 6盗塁 出塁率 .300 長打率 .369 OPS .669


日大三高5人衆のひとり。昨年、新人王を獲得する活躍を見せたものの、今季は不調でした。

東京六大学リーグで通算最多安打記録を更新したり、ドラフトでは騒動に巻き込まれたり話題は豊富です。


12  坂本誠志郎

93年11月10日生まれ 176cm79kg 右投右打 捕手登録

42試合 打率 .248(113-28) 2本塁打 17打点 0盗塁 出塁率 .341 長打率 .345 OPS .686


髙山選手とは大学時代のチームメイトです(他には上原投手など)。

最後に怪我してしまいましたが、後半戦は正捕手の座を掴み取っていたので来季は期待できます。

15 横山雄哉

94年2月21日生まれ 183cm83kg 左投左打 投手登録

防御率 1.80 1登板 1勝 0敗 0S 0H 勝率 1.000 投球回 5 奪三振 5 K/BB 2.50 WHIP 1.60


高卒社会人としてドラフト1位指名を受けるも、プロ入り後は結果を残せていません。

今季は緊急先発で勝利投手となるも、その後は一軍登板がありませんでした。



26 歳内宏明

93年7月19日生まれ 184cm90kg 右投右打 投手登録

一軍登板なし


高校時代は世代でトップクラスの知名度を誇り、「歳内世代」とも呼ばれていました。

今季は右肩の故障に悩まされ、来季はリハビリ専念のため育成契約へ移行します。



43 守屋功輝

93年11月25日生まれ 183cm87kg 右投右打 投手登録

防御率 --- 1登板 0勝 0敗 0S 0H 勝率 --- 投球回 0 奪三振 0 K/BB --- WHIP ---


横山投手と同じく、高卒社会人でプロに入団しています。

今季の成績は…あれですね、防御率がとんでもないことになってるやつですね…



50  青柳晃洋

93年12月11日生まれ 182cm82kg 右投右打 投手登録

防御率 3.22 12登板 4勝 4敗 0S 0H 勝率 .500 投球回 64.1 奪三振 50 K/BB 1.79 WHIP 1.26


見た目は本当に同い年なのか疑うレベルの落ち着きを見せている投手(主に毛髪)

制球が課題ですが、荒れる割には抑えている印象です。


56  松田遼馬

94年2月8日生まれ 184cm92kg 右投右打 投手登録

防御率 5.05 26登板 1勝 2敗 0S 1H 勝率 .333 投球回 35.2 奪三振 33 K/BB 1.94 WHIP 1.51


将来のクローザー候補にも名前の挙がる、非常に期待値の高い投手。

昨年は非常に安定した投球を見せていたものの、今年は精彩を欠きました。なんかもどかしい。


63 板山祐太郎

94年3月27日生まれ 180cm78kg 右投左打 外野手登録

3試合 打率 .000(3-0) 0本塁打 0打点 0盗塁 出塁率 .000 長打率 .000 OPS .000


昨年は一軍の出場機会もそこそこありましたが、今年は激減。

内野手としての練習も積んでいると、今回の記事をまとめる際の準備のときに知りました。


93  西田直斗

93年4月26日生まれ 186cm82kg 右投左打 内野手登録

一軍出場なし


大阪桐蔭高校出身、藤浪投手とは高校でもプロでも直属の先輩後輩関係です。

今季途中で育成契約から支配下登録されるも、ファームでも苦戦しています。


感想

甲子園を沸かせた歳内投手や髙山選手をはじめ、なかなか苦戦している印象です。



次回は、福岡ソフトバンクホークスです。お楽しみに。