WE LOVE FIGHTERS!

道産子ファイターズファンによる、幅広い野球雑談とか

同級生の今シーズンを振り返る~第9回・埼玉西武ライオンズ編

松井稼頭央がぁ~?埼玉西武ライオンズに復帰ぃ~?

すぅ~るぅ~!!!!!

こんばんは、mackeyです。

僕ら世代なら、松井稼頭央選手に憧れなかった野球少年はいないはず。

当時の野球少年はきっと今シーズンショートに入ったというニュースだけで

心躍らせたに違いない。そんな松井稼頭央選手がなんと

埼玉西武ライオンズに復帰するという。しかも背番号7です。

わたくし、大変興奮しております。

あたり一面の銀世界を融かす勢いでお送りいたしております。



…やっとこの連載記事再開します笑

この自己満の極み乙女な連載を

万が一楽しみにしていた方がいらっしゃいましたら

更新が滞ってしまったことを深くお詫び申し上げます。



改めまして本日は、埼玉西武ライオンズです!

↓連載初回記事はこちら↓

mackey5baseball5f.hatenadiary.jp

↓目次はこちら↓

93年世代の今シーズンの成績

ライオンズには8名が在籍していました。



18 多和田真三郎投手

93年4月13日生まれ 182cm82kg 右投右打 投手登録

防御率 3.44 16登板 5勝 5敗 0S 0H 勝率 .500 投球回 96.2 奪三振 74 K/BB 2.85 WHIP 1.23


昨年のドラフト1位投手です。ファイターズファン的には顔も見たくない投手のひとり。

背番号からもわかるように、期待値は非常に高いです。来季こそローテを守りたいところ。

ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017において侍JAPANに選出されました。



23 野田昇吾投手

93年6月27日生まれ 167cm72kg 左投左打 投手登録

防御率 1.98 38登板 1勝 0敗 0S 1H 勝率 1.000 投球回 36.1 奪三振 26 K/BB 1.73 WHIP 0.99


現役投手の中では最も低身長です。ちなみに同じ慎重なのが谷元…うっ、頭が…

勝ちパターンの起用ではなかったものの、非常に安定した数字を残しています。

ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017において侍JAPANに選出されました。
バファローズ・山岡泰輔投手の代替選手として)


26 川越誠司投手

93年6月30日生まれ 174cm85kg 左投左打 投手登録

一軍登板なし


北海道出身の投手です。正直彼に投手のイメージないんですが…。友達の友達です(実話)。

甲子園出場の際は1学年下に玉熊将一投手がいたため外野手として出場しています。



32 永江恭平選手

93年5月7日生まれ 174cm80kg 右投左打 内野手登録

25試合 打率 .235(17-4) 1本塁打 4打点 0盗塁 出塁率 .235 長打率 .471 OPS .706


高卒ルーキーの年から一軍での出場機会を勝ち取っており、その後も順調にキャリアを積んで…

…いたはずなんですが、今季は自己最少の出場試合数でした。でも仕方ない、源田たまらん。



39  呉念庭選手

93年6月7日生まれ 178cm75kg 右投左打 内野手登録

15試合 打率 .231(39-9) 0本塁打 4打点 1盗塁 出塁率 .295 長打率 .333 OPS .629


昨年は期待の新人として後半戦で出場機会を多く勝ち取りました。

しかし永江選手同様、源田壮亮選手の大活躍により出場機会が激減しました。

ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017において台湾代表に選出されました。



45 本田圭佑投手

93年4月24日生まれ 179cm80kg 右投右打 投手登録

防御率 4.70 5登板 0勝 0敗 0S 0H 勝率 --- 投球回 7.2 奪三振 5 K/BB 0.83 WHIP 1.70


サッカー日本代表選手と同姓同名ということで話題を集めた投手。

自身も昨年のU-23代表で好投を見せ、将来が期待されます。



57 國場翼投手

93年12月5日生まれ 181cm83kg 右投左打 投手登録

一軍登板なし


2年前のドラフトでは数多くの沖縄出身の選手が指名されましたが、國場投手もその一人です。

同郷かつ同期の多和田投手と切磋琢磨して成長することを期待しています。



62  駒月仁人選手

93年4月21日生まれ 176cm93kg 右投右打 捕手登録

一軍出場なし


6年目のシーズンを終えるも、いまだ一軍出場経験はありません。

キャッチャー育成には時間がかかる傾向にあるものの、そろそろ正念場でしょう。


感想

育成のうまい印象があるチームでしたが

その印象通りこの年代の選手も頭角を現しつつあります。



次回は、阪神タイガースです。お楽しみに。