WE LOVE FIGHTERS!

道産子ファイターズファンによる、幅広い野球雑談とか

楽しく生きたいのです

こんばんは。mackeyです。

最近連載が滞っていますね…

西武が多いんですもん…同学年…笑

なるべく早く完結させますので

もうしばらくお付き合いください…笑




今日は頭で浮かんだことを整理もかねて。




最近、いろんなことを通じて改めて思うのは

僕は「陰湿な空気」ってものが苦手です。

いや、皆さんもそうだとは思いますが笑

ただ、そういう空気のコミュニティが

僕の周りには本当に多くて

僕はたびたび拒絶反応を起こしてしまいます。

最近はその息苦しさが増してきて

身体の不調という形になって

目に見え始めてしまったので

こうやって吐き出してます。



苦手な理由としては

自分の生まれつきの性格であったり

これまで自分が受けてきた傷であったり

そういうものが影響してると思います。



例えば「いじり」ひとつを見ても

みんなが笑ってられるものもあれば

いじられた側は実は耐えてないか?ってものや

周りから見てそれどうなの?って思うものも。

別にいじられることを嫌がってるのではなく

本当にそこから見え隠れしている

「空気感」というものが影響するわけです。



学部時代は、所属していたコミュニティが

どこも楽しくて空気も合ってました。

サークルを除いては。

最初入った頃と、途中からでは

まるで空気の違うコミュニティになっていて

ここ数年は息苦しさすら感じていました。

それこそ、正直言って陰湿なんですよね。

今年で引退するのも

そういった事情があることは否めません。

それと、今所属するコミュニティもですね。

似たようなものを感じます。



勉強でただでさえストレスがたまる中

余計なストレスは避けたいところなんですが

上手くいかず困っています。

その空気は本当にお互いにプラスでしょうか。

「おとなしい団体」と「陰湿な団体」って

別物ですし、前者なら全然構わないんですけどね。

前者なら楽しさを見出だせても

後者からは難しいんですよね。

あの空気、苦手だな…