WE LOVE FIGHTERS!

道産子ファイターズファンによる、幅広い野球雑談

報告(タイトルから大袈裟)

どうも、空前絶後の、超絶怒涛の大学院生、mackeyです。挨拶からボケのキレ味が悪いのは、試験が近付いており睡眠時間を削って勉強しているからです。



ということで「じゃあブログ更新するなよ」というツッコミどころ満載でお送りする本日のブログ。
今日の話も、私事で恐縮ですが系です。笑



さきほど、サークルの監督(後輩ですが)に今季限りでの引退の意向を伝えたところです。

そうです、野球辞めます。

……一時的にですが。

就職したら再開しようと考えてます笑




引退については、もう数年間考えてたことなんですよね。最初は大学院進学のタイミングで引退しようかなとも思ってました。
しかし、そのタイミングで後輩が監督に就任(現在の監督とは別人)し、ちょっと心配だったので現役続行したわけです。
まあ続行の理由には、その年に女子マネ入ってきて男だらけの空気が変わったからという不純極まりないものもありますが←




ただ、今年になって、やはり勉強面でかなりハードになってきたこともあり、引退のタイミングを考えるようになりました。

また、今年はサークルでOBOGも集まるような大きなイベントがあり、その幹事を務めました。さすがにこれはやらねばと思っていたことでしたが、これも先日終わったため、先輩としての役目は一通り果たしたのかなと思っていました。

さらに、僕は来年度も大学院在籍ですが(3年間在籍するというやや特殊なコースのため)、大学院進学をした同期が今年度で引退なんです。なら一緒に引退したいな、と笑

そして、これが一番大きな理由ですが、ここ数年はずっと左脚の怪我に悩まされていました。古傷である左膝に加え、左ハムの肉離れが慢性化するようになっていました。負担の軽いポジションでしたら出来ても、僕の本職はピッチャーです。本当に野球歴=ピッチャー歴というほどなので、僕にとってはピッチャーとして死んだときがプレーヤーとして死んだときです。
正直、もうピッチャーとしては脚が限界です。走れても、ピッチャーの踏み込み動作が出来なくなりました。また投げられるようになるには時間が掛かります。長くても来年度で引退なので、それまでにピッチャーはできないでしょう。





それなら引退しよう、と。



勉強に集中しなきゃならないし、ならここでケジメをつけよう、と。



今日、決断してスッキリしたので、これで自分のことに集中できそうです。笑