WE LOVE FIGHTERS!

道産子ファイターズファンによる、幅広い野球雑談

宮西尚生投手の250ホールドがどれだけ凄いか

一旦連休を挟んでまた試験。mackeyです。今日は朝試験を受け、帰宅後即睡眠をとりました。睡眠大事。寝る子は育つ。寝た結果育ちすぎたまである。





昨日は宮西尚生投手が250ホールドを達成しました!
これがどのくらい凄いのかというと……
……中継ぎってどうしても地味でなかなか凄さがわかりにくいのですが、なんとこの記録、歴代2位です!
もっと言えば、DH制のため中継ぎをセリーグほど注ぎ込まなくてもいいという事情があるパリーグにおいて、なんと史上初となります!




この歴代2位って、他の成績だとどのくらいの水準なのか。ホールドを集計し始めてまだ歴史が浅く、比較することは本来適当ではありませんが、せっかくの宮西投手の偉業ですから気にせずやっていきます!!←

では紹介していきたいと思います!

(注・名球会と同じ条件で、日米通算記録を採用していきます)








【テーマ・250ホールドって他の記録ではどのくらいのすごさ??】


①3000試合出場 3名
まず、試合数。
3000試合出場は3名。単純に言えば、それより難しいことになります。

ちなみに達成者は

3位 野村克也 3017

2位 谷繁元信 3021

1位 イチロー 3541(日米通算)

全員選手寿命が長いですね。怪我しないというのも立派な才能だとつくづく思います。




3000本安打 2名
このくらいの難易度ということになるのでしょうか。達成者は2名。

2位 張本勲 3085

1位 イチロー 4338(日米通算・ギネス記録)

参考記録 イチロー 3060(MLBのみ)

アメリカだけで張本越えを成し遂げそうな異次元の男、イチロー選手。
現役では坂本勇人選手がまだ20代ながら1500本安打を達成しており、3000本を期待されています。




③600本塁打 2名
これは……もう二度と現れないのでは、というレベルの数字ですよね……

2位 野村克也 657

1位 王貞治 868

1位に至っては、20年連続40本塁打し続けてもなお届かない恐ろしい記録となっています。そもそも600本塁打だって、20年連続30本塁打をしてやっと届く数字です。




④700盗塁以上 2名
これもちょっと信じられない数値です。

2位 イチロー 707(日米通算)

1位 福本豊 1065

20年連続35盗塁と考えると、いかにやばいかわかります。西川遥輝選手が達成できるかどうか……というところでしょうか。たぶん厳しい。




⑤900登板以上 3名
越えられない、というより越えてはいけない数字という印象です。

3位 金田正一 944

2位 岩瀬仁紀 948

1位 米田哲也 949

さあ、いよいよ日本記録更新の瞬間が目前に迫ってきました。まさか今年、岩瀬投手が復活を遂げるとは。
ただ、他の2人が300勝以上挙げていることを考えると恐ろしすぎます。




⑥250セーブ 3名
やっと比較に適した、リリーフの成績になりました。

3位 高津臣吾 313(日米通算)

2位 佐々木主浩 381(日米通算)

1位 岩瀬仁紀 403

岩瀬とかいう現代の鉄人。意外と250セーブの壁は高いんですよね。セーブ記録で名球会入りを果たしたのはこの3名のみです。







そういう境地に宮西投手がいると考えると、大変な偉業だと改めて実感します。
……といいつつ、ホールドを公式記録として数え始めたのが本当に最近の話なので、他の記録とは比較できないという側面もあります。
でもまあ、すごいわ宮西、ってことで結論にしたいと思います。笑