WE LOVE FIGHTERS!

道産子ファイターズファンによる、幅広い野球雑談とか

友達いません~初ぼっち観戦記~

はむほー!!!
mackeyです!!!
勝ちました!!!
現地ぼっち参戦でした!!!
でも勝った瞬間は家にいました・゜・(つД`)・゜・





てことで。

今日のテーマ。
そもそもなぜひとりで札幌ドームに行ったのか。




事の発端は、とある企画でして。

わたくしは現在、某大学の大学院に通っているのですが、その大学が「産学協定」なるものを締結しているらしく、その関係で在学生対象の招待チケットがあるんですね。これらの情報があれば、やろうと思えば大学特定できると思います。笑
そのチケットは応募者から抽選で貰えるか決まるのですが、見事に当たったわけです(なお、おそらく全員当選)。




ただ、問題が。

「一緒に行ってくれる友達がいない」

そう、今僕が置かれた状況は、いわゆる「ぼっち」に近い。

……一応僕の名誉のために補足しておきますが、学部時代はむしろ友達が多かったからね!?
学部の飲み会企画とかしてたからね!?
ゼミ合宿では女の子複数のハーレムみたいな写真残ってるからね!?
でも男女問わずほぼみんな本州の企業いっちゃったんだよ!!!!・゜・(つД`)・゜・
(↑こんな必死にリア充アピールしてる時点でリア充キャラではない、というツッコミはNG)

学部卒業とともに見事に輝かしいリア充ポジションから都落ちしたわけでして(←自分でリア充ポジションとか言うな)。
大学院には遊び仲間いねーし、という状態。
まあそもそも勉強するために大学院行ってるので、遊び仲間いないのは本来さほどおかしくないんですが…
あとそもそもぼっちなのは全く悪いことじゃない。ここ大事。


…まあとりあえず、来れる可能性のある社会人の知り合いを一応誘ってみたものの、全滅。

というか、そもそも俺自身期末近いし。え、行くのやめる?






どーしましょ、と迷った結果、今日の勉強の進捗で決めようと。

で、勉強始めたわけですが…
…1時間したら見事に寝落ち。

これは、つまりエネルギー不足です。
何か楽しいことをしてエネルギーを補充しなければ、もう勉強できないわけです。

…決めました。ぼっち観戦解禁です。
※よいこのみんなは、言い訳なんかしないでちゃんと勉強してね






てことで、生まれてはじめてひとりで観戦してました。

最初から決めてたのは
20:00になったら帰ろう、ということです。
まあ期末もありますし、なんなら明日も授業ありますし。







福住駅を降りて、まずイトーヨーカドーでビールとつまみ(チータラ)を購入。
買い物が24歳の青年じゃありません。
たぶん10の位と1の位は数字が逆です。

そして、当日券売り場でチケットを引き換え、入場。
ここで、あることに気付きます。

僕は無料のチケットを連番で2枚持っています。
隣には人が絶対来ません。
つまり、左側を空ければ左膝を曲げずに済みます。


…ぼっち観戦最高か。神様は俺の膝の具合まで見守ってくれてたのか(※ガチで左膝に古傷抱えており、観戦するたびに膝痛に悩まされているのは事実です)




そんな非常にどーでもいいことを考えながら、座席へ。座席から写した写真がこちら。

f:id:mackey5law:20170720231457j:plain

C指定のわりに意外と前で、物凄く見やすかったです笑




応援グッズは、そもそも行くかどうかすら迷ってたため持参せず、今日はただひたすら野球を観てようと決めていました。

周りのおそらく同じ大学であろう若者の集団から不思議な目で見られながら、そんなこと一切気にしないようにしつつじっくり観戦。
そしてビールとつまみをいただきながら(途中でサッポロクラシックとホルモン唐揚げ追加購入)、野球をじっくり観戦。
どこの枯れたオッサンでしょうか…笑

…ただ、まさに「至福」って感じでした笑
これほんとひとり観戦って気楽だし、わりとはまりそうです。だらだら酒飲みながら試合観るのってあんなにいいんですね。さっきから発言がオッサンですが、僕はまだ24歳です。





試合のほうは20:00までと決めていたので残念ながら最後までは観れず。しかも谷元投手が打ち込まれてしまったところまで、という。

なぜ、僕がいなくなってから攻勢がまるで変わったのか。これも本厄の恐ろしさなのか。でもサヨナラ打った松本剛選手も本厄……うん、関係ないな。俺が持ってないだけだな。笑






今年はまだチケット代を一切負担してないですが、今度はチケット買って応援グッズ持って誰かと行きたいと思います。笑