WE LOVE FIGHTERS!

道産子ファイターズファンによる、幅広い野球雑談

ようこそ黒羽根利規選手

びっくりしましたね、トレード

 

おはようございます、mackeyです。本日は森山選手についての考察を記事にする予定でしたが、急遽テーマを変更いたします。いや、2つ投稿するか?でも勉強時間大丈夫か?まあ、森山選手のことは近いうち(今日の可能性もあり)に記事を書こうかと思います。とりあえず森山選手は育成型として育てるべきで、昇格を急がなくてもいいと思うの。

 

 

 

 

 

さっそくですが、本題に入ります。

昨日7月6日、北海道日本ハムファイターズと横浜DeNAベイスターズの間で交換トレードが成立しました。

DeNAに移籍したのがエスコバー投手、ファイターズに移籍したのが黒羽根選手です。

 

 

 

エスコバー投手については、正直な感想を申し上げますと、成績と年俸のコスパを考えるとまず間違いなくシーズンオフにはリリースされるだろうな…と思っていましたし、ドレイク選手の加入により出場が極めて困難になっていましたので、本人にとってはプラスなトレードになるんじゃないかとは思います。活躍できるかどうかはわかりませんが…とちょっと辛口なコメントになってしまうのは反省です。もっと年俸安ければ育成してみても面白い年齢ではあったんですが…

てかさ、エスコバー投手ってほんとに俺と1個しか変わらんの…?笑

 

そして、加入する黒羽根選手。

数年前に正捕手格でしたから、まさか昨年から一軍出場ゼロだとは思っていませんでした…でもよく考えたら戸柱選手と高城選手くらいしか名前聞こえてきてませんもんね…

DeNAとしても、ファイターズでいうところのエスコバー投手同様使いどころに困っていたという事情も介在しているかと思います。

 

黒羽根選手のプロフィールは以下の通りです。

 

 

名前:黒羽根利規(くろばねとしき)

生年月日:1987年6月2日(30歳)

身長:178cm

体重:88kg

出身地:神奈川県

投打:右投右打

経歴:日大藤沢高―横浜・横浜DeNA(05高校生ドラフト3巡目)

(以上、北海道日本ハムファイターズオフィシャルサイトより引用)

 

 

生まれも育ちも神奈川、という生粋の神奈川県民です。

ちなみに、ファイターズではレアード選手と同い年ということになります。

 

選手としての特徴は、とにかく強肩が売りの選手でして、正捕手格だった2014年にはリーグトップの盗塁阻止率.395を記録しています。一方で、キャッチングや打撃には課題を残す選手のようです。

 

彼に関する有名なエピソードとしては、このようなものがあります。以下、wikipediaより引用です。

「小学校6年生の時に、地元港南区で開催された三浦大輔トークショーで三浦に直接花束を渡し、この時に『将来はプロでバッテリーを組みたい』と約束した。2011年8月14日の一軍公式戦で三浦とのバッテリーが実現し、7回2/3を2安打無失点という内容で約束を果たした。」

ほんと、何度見ても漫画みたいな話ですよね…

約束して本当にプロになった黒羽根選手も凄いですし、そこまでプロを続けた番長もまた凄い…

 

そう考えると、黒羽根選手もDeNAに残りたかったでしょうね…

なんとか活躍できることを祈っています。

 

 

 

最後に、トレードに対する感想です。

現在のチーム事情を考慮すると、捕手に困っているのか困っていないのか…となんとも言えない状況です。個人的な感想ですが、清水選手がもうひとり増えた感覚といいますか。だったら清水育てりゃええやんともなりますし。ただ、大野選手が守備面で相当苦しんでいることと今オフのFAの可能性が残っていることを考えると補強ポイントではあるのかな、と。また、黒羽根選手は清水選手と違って一軍でシーズン通して活躍した実績のある選手ですから、ある程度は計算できます。大野市川+黒羽根の3枚体制も考えられそうです。

監督推薦も発表されました

どうも、やる気スイッチが行方不明なmackeyです。

課題に取り組む前にこういうことやって、結局課題が終わらないとこまでがお決まりですが、どうか暖かい目で見守ってください。なお、期末試験まで1か月切っております…

 

 

 

 

 

オールスターのメンバーが出そろいました。前回のブログに引き続き、今回は監督推薦で選抜されたメンバーを紹介したいと思います。

 

 

 

セリーグ

投手:岡田明丈(広島)

昨年のドラ1は、規定投球回到達の上、現時点で7勝を挙げるなど、先発の一角として活躍しています。93年世代。

 

投手:薮田和樹(広島)

今年は先発でもリリーフでも結果を残し、岡田投手と同様チームトップタイの7勝を挙げています。

 

投手:田口麗斗(巨人)

現在、リーグ防御率1位の活躍を見せる左腕。同じく初選出となった山岡投手との伝説の投げ合いが再び見ることができないかとても楽しみです。

 

投手:濵口遥大(DeNA

ルーキーながら先発ローテとして奮闘しています。成績見てみたんですが、奪三振率こんな高いんですか(驚愕)

 

投手:秋山拓巳阪神

ルーキーイヤーに4勝を挙げるも、その後は伸び悩みました。しかし、今年遂に花が開き、キャリアハイの成績を挙げています。

 

投手:小川泰弘(ヤクルト)

ライアン。新人王に輝いたルーキーイヤー以来の選出となりました。今年はいろんな役割で投げています。

 

投手:又吉克樹(中日)

開幕直後はリリーフなのに規定投球回到達という酷使ぶり。現在は先発で活躍中です。本当に壊れないか心配。

 

投手:バルデス(中日)

現在、リーグ最多投球回。超有能なイニングイーターです。どうやら今年も相変わらずの負け運のようです…

 

捕手:戸柱恭孝(DeNA

ルーキーイヤーの昨年に続き2度目の選出です。正捕手としてチームを支えています。

 

内野:田中広輔(広島)

同級生上位打線兼センターライントリオ・タナキクマルの1番ショート担当。WBC戦士でもあります。この3人同時起用できるのずるい←

 

内野:宮﨑敏郎(DeNA

現在、首位打者を争う巧打者。あのよそ見事件の印象を払拭する大活躍を見せています。

 

内野:ゲレーロ(中日)

ホームラン王争いを繰り広げる長距離砲。ぜひナゴヤドームホームランダービー出場して欲しいところです。

 

外野:丸佳浩(広島)

タナキクマルの3番センター担当。今年も全体的にけっこういい成績残してる、という丸選手らしい活躍を見せています。

 

外野:大島洋平(中日)

FA移籍が噂されるもまさかの残留。森繁組長に脅された説。個人的「すげえいい選手なのにスポットライト全然当たらなくて可哀想な選手ランキング」第1位。

 

 

パリーグ

投手:谷元圭介日本ハム

ドラフト7位入団から1億円プレーヤーに這い上がり、オールスター出場まで勝ち取りました。ただ、今年はかなり疲労が溜まっている印象が…

 

投手:二木康太(ロッテ)

非常に苦しいチーム事情の中、先発として活躍しています。僕より2歳下なんですね…勝手に上だと思ってましたごめんなさい。

 

投手:美馬学楽天

今年の活躍ぶりは文句のつけようのないものとなっています。ただ、因縁の中田選手と同じベンチに入れていいのか、と勝手に心配しています。

 

投手:菊池雄星(西武)

今年さらに一皮むけて、異次元のレベルに到達した印象のある左腕。日本球界史上右腕最速も左腕最速も花巻東高校OBってすごいですよね…

 

投手:山岡泰輔(オリックス

ルーキーなのに無援護で話題になる不運の投手。ダルビッシュ投手に絶賛されたことから知名度はアマチュア時代から高かったです。高校時代に巨人の田口投手と広島県大会で伝説の投げ合いを繰り広げています。

 

投手:金子千尋オリックス

言わずと知れた球界最高峰の投手であり、インスタグラムのハッシュタグの使い手。ただ、ここ数年は全盛期程の凄さは影を潜めている印象です。復活を期待しています。

 

投手:黒木優太(オリックス

山岡投手同様ルーキーながら選出されました。クローザーの平野投手に繋ぐセットアッパーとしてフル回転しています。

 

捕手:田村龍弘(ロッテ)

ロッテの若き正捕手。大豊作94年世代のひとり。打撃が伸び悩んでおりますが、監督が監督なだけに、捕手業で求められるレベルに達するので精一杯かもしれません。

 

内野:レアード(日本ハム

スシダイスキ。仲良しのメヒア選手はいませんが、仲良しの松田選手はいるのでまあきっと楽しくやるでしょう。実はまだ20代。

 

内野:鈴木大地(ロッテ)

打線では孤軍奮闘状態となっています。友達の「パワプロでいうところのオールC感」って言葉がすごくしっくりきます。つまりいい選手。

 

外野:西川遥輝日本ハム・補充)

ファイターズ伝統の「1番センター」を継承しました。今年も無事5月頃に解凍されて打率が爆上がりしています。「ホームランを忘れた西川は最強」説。

 

外野:T-岡田オリックス

ホームラン王獲得したのが7年前だと知り震えました。打点がえらい少ないのが気になりますが、出塁率もかなり高いのでいい選手であることには変わりありません。

 

 

 

 

 

さて、ホームランダービー出場選手は誰になるでしょうか。楽しみですね。

ファン投票と選手間投票

こんにちは。勉強してたら寝そうなので休憩がてらブログを執筆しておりますmackeyです笑

 

気付いたらオールスターの出場選手が決まりつつあったので紹介したいと思います。

 

セリーグ

【ファン投票】

先発:菅野智之(巨人)

JAPANのエース。今年も安定した成績を残しています。チーム自体の調子が芳しくないため、今年も勝ち星がなかなか伸びません…

 

中継:マテオ(阪神

阪神の強力救援陣を支える一角。他球団ファンからすれば、ドリスと見分けがつきません。

 

抑え:山﨑康晃(DeNA

ルーキーから3年連続3度目のファン投票選出。一時期クローザーを外れていたものの今年も選出されました。ヤ!ス!ア!キ!

 

捕手:梅野隆太郎(阪神

今年は正捕手格として試合出場が増えています。梅野選手のポテンシャルを考慮すると、もう少し打てるといいかなと思います。

 

一塁:新井貴浩(広島)

何をしていても面白い、何もしていなくても面白い、おそらく球界一愛されている新井さん。今年も画像供給があるでしょうか笑

 

二塁:菊池涼介(広島)

世界に名を轟かせた名手。今年も我々の理解が追いつかないファインプレーが観られるでしょうか。

 

三塁:鳥谷敬阪神

今年見事に復活を遂げました。鼻の骨が折れていようとヒットを重ねます。今季中の2000本安打達成が濃厚となってきました。

 

遊撃:坂本勇人(巨人)

今年も打撃好調なJAPANのショート。当然の如く選出されました。

 

外野①:鈴木誠也(広島)

今年から4番に座り、その期待にも応えています。今年もまたオリックスファンの心を折りました。

 

外野②:糸井嘉男阪神

リーグが変わっても人気は健在です。不調ではありますが、頑張ってほしいです。

 

外野③:筒香嘉智(DeNA

ここに来て復調傾向のJAPANの4番。PCで「筒香」って予測変換で出てきたの感動しました(どうでもいい)

 

【選手間投票(追加選出分のみ)】

捕手:小林誠司(巨人)

世界にしか通用しない男。なぜセ界では通用しないのか。彼はこんなもんじゃないはず。守備面は文句なしかと思います。

 

一塁:阿部慎之助(巨人)

もうすっかり大御所格になりました。現時点で2000本安打に最も近い打者です。13度目の出場となります。

 

三塁:マギー(巨人)

メジャー復帰してまるでホームラン出なくなったと聞いていましたが、NPB復帰初年から打ってくれています。

 

パリーグ

先発:千賀滉大(ソフトバンク

世界が恐れた投手。シーズンでは離脱もありましたが、相変わらず打てる気がしないえぐいボール投げてます。

 

中継:牧田和久(西武)

労働基準法に抵触しそうなくらいWBCで投げていました。なのにシーズン防御率0点台。タフすぎます。

 

抑え:松井裕樹楽天

今年はまた一段とレベルアップした感のある投手。三者連続三球三振とかいう大記録も成し遂げました。

 

捕手:嶋基宏楽天

楽天のリーダーもオールスターの常連。WBCでその勇姿を観られなかったのは残念でしたが、好調なチームを支えるため奮闘しています。

 

一塁:中田翔日本ハム

年々悩みが深くなっていってる気がするJAPANの主砲。序盤の状態から今年は2桁本塁打すら怪しいかと思いましたが、無事達成し復調傾向です。

 

二塁:浅村栄斗(西武)

打撃も好調ですが、守備も見違えるほどレベルアップした印象です。コンビを組むショートが鬼のように上手いのも一因でしょうか。源田たまらん。

 

三塁:松田宣浩ソフトバンク

熱男。今年からチームにもう一人やかましい男(某イチローの公認ストーカー)が帰ってきてなおさらベンチ明るい気がします。200本塁打おめでとうございます。

 

遊撃:今宮健太ソフトバンク

人気は安定です。実は今年は誰からも叩かれないレベルで普通に打っており、本当にいい選手に成長した印象です。

 

外野①:柳田悠岐ソフトバンク

昨季は不調(それでも3割打者)でしたが、今年はまた手の付けられないレベルに戻りました。両リーグ最多得票です。

 

外野②:秋山翔吾(西武)

長打力が突如増した安打製造機。ファイターズファン的には秋山選手はトラウマでしかありません。

 

外野③:上林誠知(ソフトバンク

大ブレークを果たした若手選手。個人的には「今年は絶対上林来る」と予想してたので、予想があたったのは嬉しいんですが、困るような…。

 

DH:大谷翔平日本ハム

今年は怪我との戦いが続いている二刀流。昨日、久々の登板でいきなり157km/h記録してました。

 

【選手間投票(追加選出分のみ)】

投手:則本昂大楽天

毎年大谷翔平奪三振王獲得を阻止するドクターK。息をするかのように2桁奪三振を繰り返します。

 

一塁:内川聖一ソフトバンク

衝撃の打率.378から9年、早くも2000本安打達成が間近な安打製造機。早ければ今月中の達成もあり得ます。

 

遊撃:茂木栄五郎(楽天

2年目のジンクス」という言葉は茂木選手には関係なかったようです。93年世代。実は毎日ファン投票で茂木選手に入れていました。なお、怪我のため出場できるか微妙。もぎ!もぎ!もぎえいごろう!

 

外野:近藤健介(日本ハム・辞退)

大明神様。打っては4割、守ってはサードと外野で好プレー連発(なお本職は捕手)。規定打席を割った今もなお四球数両リーグ1位。93年世代。ゆっくり治してほしいです。

 

DH:デスパイネソフトバンク

キューバ政府介入による不本意な移籍後も打撃は脅威です。聴きたいのはやっぱりバモバモバモデスパーのほう。

 

 

 

 

さて、監督推薦は明日発表のようです。楽しみですね。

タスクまみれ

どさんこワイドのインタビューを受けた結果、非リアの負け犬の遠吠えが全道に晒されました。こんばんは、mackeyです。
いまだにリア友から今回の件で連絡来ます。笑




ファイターズ勝ちましたね!よかったよかった。だいぶドラゴンズの相次ぐ送球ミスに助けられましたが…
交流戦も残すところ最終カードのみ。怪我人が心配ですが、明日からも応援しております。


にしても、野球観てると野球したくなります…
ですが、今恐ろしいくらい課題や仕事がたまってます…((((;゜Д゜)))

提出課題→3件
報告準備→2件
その他仕事→2件

このうち6件が、再来週までの間に期限が来るものとなっております。最近、忙しいと感じるセンサーが鈍りはじめております。
社会人になったら、こんなんじゃ済まないみたいですね…みんなどうやって生きてるのさ…((((;゜Д゜)))

ブログ書く暇あれば課題つぶせよ、という意見があるかと思います。ごもっともです笑
ですが、ここまでたまってしまうと終わりが見えないわけです。終わりが見えないと、なかなかやる気がでないわけです。いいですかみなさん、こうやってクズは生まれていくんですよ!←

その他仕事ってのはまだいいんだ。やっぱり提出課題が問題なんだ。設問、何言ってるのかさっぱりわからねえよ。何論じればいいのかわからねえよ。わからないのかなりまずいんだけど。

1日くらいサークル参加してもいいかな…
でも…ほんとに終わるだろうか…
終わらなかったらどうしよ…
男の土下座、あんま効果無さそうだしな…←

今日(昨日)懐かしく感じたこと

どうも。バイト上がりのmackeyです。





みなさんは、Twitterで「今のJKと10年前のJK」の比較イラストのツイートをご覧になったことはありますか?
僕は10年前中学生だったので、そのイラストに出てた10年前のJKのほうが身近にいました。
その関連で、大学院の同期と10年前くらいに流行ってたものってなんだっけ?って話で盛り上がったんですよね。そこで出てきたいくつかをご紹介。


①ウォレットチェーン&腰パン
今はあまり見ない印象ですが、昔はすげえいましたよね。ジャラジャラ鎖ぶら下げて腰パンしてオラついてる人たち。笑
僕もそれをやってたうちの一人でした(小声)
いや、ウォレットチェーンって機能性は持ち合わせてるんですけど、最近はまるで見ないですよね。腰パンもあまり見ないなーと。DQNもスキニーはいてるイメージ。
サルエルパンツとか10年前くらいトレンドだった気がするんですけど、今はトレンドというよりジャンルのひとつという感じですかね。サイズが合って、丈が間に合うサルエル探すのにすごく苦労した気がする。

②襟足伸ばしてくスタイル
いわゆるウルフスタイルですよね。これも俺やってたなぁ…笑
今は襟足短いのがトレードですからね。でも、GLAYの「またここであいましょう」って曲のMVのTERUさん、襟足長めでゆるめのパーマのスタイルくっそかっこよかったからやってみたかったりもする。

③独特な形をした野球部員の帽子
あれ、コツがいるんです。まず、つばは徐々に曲げましょう。じゃないとつば折れます(経験則)
あと、帽子のてっぺんへこませないなら、内側から洗濯ばさみで挟んで形を残しましょう。意外と大変なんですよ、今だと大阪桐蔭がよくやってるような帽子の形。
僕にとって染み付いた癖なので、大学で野球サークル入ったときも当然のように帽子のつばを曲げ始めました。しかし、周囲は「高校野球独特のトレンド」というものに触れずに生きてきたので僕だけういてました。みんなそこそこ帽子のつば真っ直ぐ…笑

ごめんなさいもはやただのゲーム雑談です

最近、意外とこのブログを読んでくれてる方が多いと気付き、ひとりで勝手にプレッシャーを感じてるmackeyです。

そんな中、当ブログ史上最もどうでもいい記事を投稿していくのですから、たぶん俺かなりのバカです。




最近、憂さ晴らし兼ねてやり始めたのがドラゴンクエスト3。笑
Wiiで再録版みたいなのを数年前に発売してまして、それが家にあるんですよね。買ったの俺じゃないはず。
ドラクエ3といえば、戦闘のテーマが高校野球の応援でも使われてたりしますよね。よし!この一言で野球関連の記事になった!←

なんで始めたかというと、家族のひとりが勇者と盗賊ふたりでプレーしてるのを見て自分でもやりたくなったんです…笑
勉強もしてるから許して(小声)

てことで、僕も勇者と盗賊でプレー。
性別はどちらも女性。
なぜかといいますと、これドラクエ3やったことある人ならおわかりかと思いますが、ドラクエ3には「性格」というステータスがあるんです。これ、性格次第でレベル上がったときのパラメーターの上がり方変わるんですよ。
で、数ある性格の中で最も強いのが…



「セクシーギャル」



なんですよね。
なんでかは知りません。
でも強いんだもん。笑
だから女性にして、セクシーギャルにして。若干の罪悪感。

で、ここで問題なのが「名前どうするよ」っていう問題。
いつもドラクエで名前決められるパターンのときは自分の名前か「ハイド」(HYDEさんです)のどちらかでプレーしてるわけですが、今回は女性です。たしかにHYDEさんならいけるのかもしれない。いやでもやっぱなんか違う。

じゃあ、ふたりともセクシーギャルにするしA○女優の名前にでもするか、とも思いましたが、家族が見る可能性があります。パッと見由来がわからないかもしれませんが、「なんでこの名前?」って聞かれたら説明できるわけがありません。

てことで、勇者の名前は、僕が一番好きな女性芸能人である有村架純さんでいこう、と決まったわけです。
セクシーギャル…?となりますが、まあビリギャルでギャル役やってたからいいか、と謎のこじつけ。
で、タッグを組む盗賊の名前ですが、じゃあ有村架純さんと仲の良いことで有名な高畑充希さんでいこう、となったわけです。
うん、どっちもセクシーギャルではない。

にしても、有村架純の関連ワードは高畑充希高畑充希の関連ワードは有村架純なのね。ほんと仲良いのね。笑



現在、カザーブでレベル13くらいになってます。
次いつ進めるかはわかりません。

win-winな気がしてきたトレード

中間試験が終わり、休むかと思いきや目の前に勉強道具がちらばってるmackeyです。大学祭らしいよ今日。





今日の考察(ってほどのことしてないけど)は「石川慎吾選手にとっても大田泰示選手にとってもトレードがプラスだよねこれ」って話です。だって6月に入ったばかりの現時点で両者ともにキャリアハイなんですもん。笑

簡単に、両者にとって何がよかったのかまとめてみました。

石川慎吾選手
①打撃
元々中距離打者なので、狭い東京ドームの方が相性が良いようです。定評のある勝負強さを武器に、巨人の外野のスタメンを勝ち取りました。なかなか巨人にいないタイプのバッターだと思いますので、うまくチーム事情に噛み合ったように思います。ここ最近また打率上げてきましたね。

②守備
ウィークポイントが守備でしたが、東京ドームが狭いため守備範囲の問題が幾分か解決しました。

③キャラ
彼の最大の武器はここでしょう。巨人独特のプレッシャーもこの大阪感丸出しの個性派にはまったく関係なく、ズムサタにもキャラ全開でよく登場しています。笑
今年も「諦める野球は教わっていない」といういかにも慎吾らしい名言が飛び出しました。

大田泰示選手
①打撃
大田選手のパワーに、球場の広さなど関係ありません。札幌ドームだからなんだというのでしょうか。むしろホームラン増えてます。いやどういうことよ。
一発があるおかげで、お立ち台に上がることもしばしばありますね。ファイターズ最高。

②守備
札幌ドームで外野を守るには守備範囲が求められますが、守備範囲の広さと強肩を活かした守備でなんと現在UZR両リーグ1位です。
※UZRとは、リーグにおける同じ守備位置の平均的な選手が守る場合に比べて、守備でどれだけの失点を防いだかを示す指標です。

③キャラ
巨人独特のプレッシャーから解放されてか、すげえ楽しそうに野球やれてます。笑



ふたりともスタメン出場が続いています。石川慎吾選手は陽岱鋼選手が復帰したときにどうなるか、大田泰示選手は大谷翔平選手の復帰に伴って近藤大明神様が外野に戻ってきた場合どうなるか、という問題もありますが、ぜひこのまま規定打席到達できる活躍を見たいです。

こういうwinw-winトレードもっと増えればいいのにね。