WE LOVE FIGHTERS!

道産子ファイターズファンによる、幅広い野球雑談

ちょっと思った事

テスト期間中あんなに更新してたのにテスト終わってからブログがしばらく途絶えてたmackeyです。
どうもこんばんは。テスト終わってからは飲んで飲んで飲んで飲んで飲んでバイトバイトバイトバイトでした。明日もバイトです。






応援のスタイルにはいろいろな形があります。それは原則誰かが干渉してはいけません。
多少のキツい批判もある程度許されるでしょう。僕はあまりしたくはありませんが。

ですが、許容できないものもあります。

今日はそんなお話です。





里崎智也さんが、番組で以前「頑張ってるとかやってるとかいうのは評価にならない」とおっしゃっていました。
その理由は「みんなやってるんだもん」とのこと。



これは理解できますし、納得できる論理です。




ですが、たまにこんな人も見かけます。




たとえば誰かが打てなかったりエラーしたりしたとします。

そういうときに





「○○(選手名)消えろ。できねえならやってないのと同じだろ。里崎が言ってることが正しい」









…違いますよね?


里崎論理は

「全員やってる」

ということが大前提なのは既に述べた通りです。
その上でやってるかどうかを評価の対象外とします。




ですがこういう発言をする方は

「ミスしたやつはやってない」

となぜか決めつけ、その上で「やってない」という勝手に捏造した事実に基づいてマイナス評価を下し、選手を批判……批判という言葉も使いたくないです、敢えて言います、選手を中傷・侮辱・攻撃します。
里崎理論はそうじゃないんですけどね。





あくまで全体の統計をとっているわけではないので印象論な部分が介在してしまい申し訳ないのですが、こういうクレーマーじみたファンを名乗る人たちって論理武装してるように見えて論理破綻してることが多いんですよね。

それなのに謎理論を持ち出して、しまいには自分と異なる意見を持つ人に対し威圧的な態度で攻撃し始め出すのが非常にタチが悪い。
それこそ「何が『本当のファン』だよ」と僕は度々言いたくなります。

「本当のファン語り出すやつらなんなの」と自分で言いつつ、結局のところ他でもない自分自身が「本当のファン」像を押し付けているわけです。

自分の意見が正しいと主張することを目的に相手を叩き潰すためにそれなりに論理武装しているはずなのに、どうしてこういう点に気付けないのでしょうか。

基本的にこういう人たちとはうまく関われる自信が僕にはありません。Twitter上ではなるべく相互フォローにならないようにしてたり先手を打って先にブロックしているわけですが、それも限界がありますからね…






最後にもう一度言いますが「批判するな」なんてさらさら言うつもりないですし、僕自身も言わないようにしていても言ってしまうことだってあります。そこをおかしいだなんて言ったらそれこそ「本当のファンは~」っていうのと同じですから。価値観の押し付けは良くないです。
それでも一線を越えたもの、たとえば僕に対する攻撃であったりというものにまで反論しないというつもりもないです。
そこは僕も主張します。


今日はそんなお話でした。





明日勝てたら西武相手にカード勝ち越しです。実現したら本当に嬉しいですよね。明日も応援しています。

宮西尚生投手の250ホールドがどれだけ凄いか

一旦連休を挟んでまた試験。mackeyです。今日は朝試験を受け、帰宅後即睡眠をとりました。睡眠大事。寝る子は育つ。寝た結果育ちすぎたまである。





昨日は宮西尚生投手が250ホールドを達成しました!
これがどのくらい凄いのかというと……
……中継ぎってどうしても地味でなかなか凄さがわかりにくいのですが、なんとこの記録、歴代2位です!
もっと言えば、DH制のため中継ぎをセリーグほど注ぎ込まなくてもいいという事情があるパリーグにおいて、なんと史上初となります!




この歴代2位って、他の成績だとどのくらいの水準なのか。ホールドを集計し始めてまだ歴史が浅く、比較することは本来適当ではありませんが、せっかくの宮西投手の偉業ですから気にせずやっていきます!!←

では紹介していきたいと思います!

(注・名球会と同じ条件で、日米通算記録を採用していきます)








【テーマ・250ホールドって他の記録ではどのくらいのすごさ??】


①3000試合出場 3名
まず、試合数。
3000試合出場は3名。単純に言えば、それより難しいことになります。

ちなみに達成者は

3位 野村克也 3017

2位 谷繁元信 3021

1位 イチロー 3541(日米通算)

全員選手寿命が長いですね。怪我しないというのも立派な才能だとつくづく思います。




3000本安打 2名
このくらいの難易度ということになるのでしょうか。達成者は2名。

2位 張本勲 3085

1位 イチロー 4338(日米通算・ギネス記録)

参考記録 イチロー 3060(MLBのみ)

アメリカだけで張本越えを成し遂げそうな異次元の男、イチロー選手。
現役では坂本勇人選手がまだ20代ながら1500本安打を達成しており、3000本を期待されています。




③600本塁打 2名
これは……もう二度と現れないのでは、というレベルの数字ですよね……

2位 野村克也 657

1位 王貞治 868

1位に至っては、20年連続40本塁打し続けてもなお届かない恐ろしい記録となっています。そもそも600本塁打だって、20年連続30本塁打をしてやっと届く数字です。




④700盗塁以上 2名
これもちょっと信じられない数値です。

2位 イチロー 707(日米通算)

1位 福本豊 1065

20年連続35盗塁と考えると、いかにやばいかわかります。西川遥輝選手が達成できるかどうか……というところでしょうか。たぶん厳しい。




⑤900登板以上 3名
越えられない、というより越えてはいけない数字という印象です。

3位 金田正一 944

2位 岩瀬仁紀 948

1位 米田哲也 949

さあ、いよいよ日本記録更新の瞬間が目前に迫ってきました。まさか今年、岩瀬投手が復活を遂げるとは。
ただ、他の2人が300勝以上挙げていることを考えると恐ろしすぎます。




⑥250セーブ 3名
やっと比較に適した、リリーフの成績になりました。

3位 高津臣吾 313(日米通算)

2位 佐々木主浩 381(日米通算)

1位 岩瀬仁紀 403

岩瀬とかいう現代の鉄人。意外と250セーブの壁は高いんですよね。セーブ記録で名球会入りを果たしたのはこの3名のみです。







そういう境地に宮西投手がいると考えると、大変な偉業だと改めて実感します。
……といいつつ、ホールドを公式記録として数え始めたのが本当に最近の話なので、他の記録とは比較できないという側面もあります。
でもまあ、すごいわ宮西、ってことで結論にしたいと思います。笑

私見

それは、前日遅くまで勉強していたため寝不足ながらの目覚めとなった今日の朝のことでした。



いつも通りスマホを開くと、トレードの話が目に入りました。

そういえば、ダルビッシュ有投手のトレードってどうなったんだろう?ほんとに前田健太投手とトレードになんかなったら驚くけど笑うなー、くらいのことを想像してたわけです。

まあ、メジャーでは、ポストシーズンが怪しくなったチームが主力選手をポストシーズン争いをしているチームにリリースしてその対価に若手プロスペクトをいただく、みたいなことはよくあるわけですよ。マエケンは果たして若手プロスペクトなのか、という疑問はさておき。

そして、記事を読むわけです…






…あれ?
うちなの?またトレード?

相手は中日で…金銭…?

え、うちから移籍?誰?








…谷元!?!?!?!?!?






…まあ、驚きましたよ。

僕の中では糸井嘉男選手・石川慎吾選手に並ぶ三大メンタルブレイクトレードでした・゜・(つД`)・゜・

まあ…たしかに昨年と比較すると若干成績は落としていますが、それでも谷元圭介投手を放出するほど今年のウチのリリーフ層が厚くないことは皆さんご存知かと思います。

そして謎だったのは、なぜ交換トレードではなかったのか。

その理由は簡単でした。
記事によれば、トレードを打診したのがファイターズだったからです。

言い方は悪いですが、谷元を放出したくてトレードしたわけです。コストカットの鬼、ファイターズフロント。
一応メジャーではありうるタイプのトレードですし、意図も理解できます。ただそれは、すなわち完全に今シーズンを捨てたことを意味するのでやや残念ですが。









今後も同じ方針でしょう。ただ、今在籍する選手は今回のトレードをどう感じるのか。谷元クラスですら使い捨ての駒のよくに扱われるくらいなら…と考える選手が出てきても不思議ではありません。ただでさえフロントはコスト重視です。活躍すればするほど放出のリスクが増大します。ファンも選手も離れてしまいかねない事態です。


コスト重視で、高額年俸のスター選手はリリースして、(言い方は悪いけど)そこそこ使えるけど地味な選手ばかり残る、みたいなチームがフロント理想なのでしょうが、ファンはそれで喜ぶのかどうか僕にはわかりません。

友達いません~初ぼっち観戦記~

はむほー!!!
mackeyです!!!
勝ちました!!!
現地ぼっち参戦でした!!!
でも勝った瞬間は家にいました・゜・(つД`)・゜・





てことで。

今日のテーマ。
そもそもなぜひとりで札幌ドームに行ったのか。




事の発端は、とある企画でして。

わたくしは現在、某大学の大学院に通っているのですが、その大学が「産学協定」なるものを締結しているらしく、その関係で在学生対象の招待チケットがあるんですね。これらの情報があれば、やろうと思えば大学特定できると思います。笑
そのチケットは応募者から抽選で貰えるか決まるのですが、見事に当たったわけです(なお、おそらく全員当選)。




ただ、問題が。

「一緒に行ってくれる友達がいない」

そう、今僕が置かれた状況は、いわゆる「ぼっち」に近い。

……一応僕の名誉のために補足しておきますが、学部時代はむしろ友達が多かったからね!?
学部の飲み会企画とかしてたからね!?
ゼミ合宿では女の子複数のハーレムみたいな写真残ってるからね!?
でも男女問わずほぼみんな本州の企業いっちゃったんだよ!!!!・゜・(つД`)・゜・
(↑こんな必死にリア充アピールしてる時点でリア充キャラではない、というツッコミはNG)

学部卒業とともに見事に輝かしいリア充ポジションから都落ちしたわけでして(←自分でリア充ポジションとか言うな)。
大学院には遊び仲間いねーし、という状態。
まあそもそも勉強するために大学院行ってるので、遊び仲間いないのは本来さほどおかしくないんですが…
あとそもそもぼっちなのは全く悪いことじゃない。ここ大事。


…まあとりあえず、来れる可能性のある社会人の知り合いを一応誘ってみたものの、全滅。

というか、そもそも俺自身期末近いし。え、行くのやめる?






どーしましょ、と迷った結果、今日の勉強の進捗で決めようと。

で、勉強始めたわけですが…
…1時間したら見事に寝落ち。

これは、つまりエネルギー不足です。
何か楽しいことをしてエネルギーを補充しなければ、もう勉強できないわけです。

…決めました。ぼっち観戦解禁です。
※よいこのみんなは、言い訳なんかしないでちゃんと勉強してね






てことで、生まれてはじめてひとりで観戦してました。

最初から決めてたのは
20:00になったら帰ろう、ということです。
まあ期末もありますし、なんなら明日も授業ありますし。







福住駅を降りて、まずイトーヨーカドーでビールとつまみ(チータラ)を購入。
買い物が24歳の青年じゃありません。
たぶん10の位と1の位は数字が逆です。

そして、当日券売り場でチケットを引き換え、入場。
ここで、あることに気付きます。

僕は無料のチケットを連番で2枚持っています。
隣には人が絶対来ません。
つまり、左側を空ければ左膝を曲げずに済みます。


…ぼっち観戦最高か。神様は俺の膝の具合まで見守ってくれてたのか(※ガチで左膝に古傷抱えており、観戦するたびに膝痛に悩まされているのは事実です)




そんな非常にどーでもいいことを考えながら、座席へ。座席から写した写真がこちら。

f:id:mackey5law:20170720231457j:plain

C指定のわりに意外と前で、物凄く見やすかったです笑




応援グッズは、そもそも行くかどうかすら迷ってたため持参せず、今日はただひたすら野球を観てようと決めていました。

周りのおそらく同じ大学であろう若者の集団から不思議な目で見られながら、そんなこと一切気にしないようにしつつじっくり観戦。
そしてビールとつまみをいただきながら(途中でサッポロクラシックとホルモン唐揚げ追加購入)、野球をじっくり観戦。
どこの枯れたオッサンでしょうか…笑

…ただ、まさに「至福」って感じでした笑
これほんとひとり観戦って気楽だし、わりとはまりそうです。だらだら酒飲みながら試合観るのってあんなにいいんですね。さっきから発言がオッサンですが、僕はまだ24歳です。





試合のほうは20:00までと決めていたので残念ながら最後までは観れず。しかも谷元投手が打ち込まれてしまったところまで、という。

なぜ、僕がいなくなってから攻勢がまるで変わったのか。これも本厄の恐ろしさなのか。でもサヨナラ打った松本剛選手も本厄……うん、関係ないな。俺が持ってないだけだな。笑






今年はまだチケット代を一切負担してないですが、今度はチケット買って応援グッズ持って誰かと行きたいと思います。笑

珍しく真面目な感じの文章

今日の大雨はいったいなんだったんでしょうか。こんばんは、mackeyです。





突然ですが「人間万事塞翁が馬」って言葉あるじゃないですか。すげえざっくり言ったら「何がどう転ぶかなんてわかんねっ☆」ってやつ。正しい意味知りたければ各自で辞書見るかググるかしてください。

さまざまな経験を重ねるなかで、あの言葉ってほんとその通りだなーと思うわけです。




例えば、僕はそこそこの年数野球やってますが、ポジションはピッチャーがメインです。ところが、このポジションって最初から望んでたところじゃないんですよね。

僕は松井秀喜さんに憧れて野球を始めました。僕もあのホームランに魅せられた野球少年のひとりです。僕の体格も当時から同世代と比較して大柄でしたので、パワーヒッターというものに憧れていました。だから、4番に座る外野手になりたかったんです。

もっと言うと、ピッチャーってやりたくなかった。なんか他のポジションに比べてルール多くて。笑
セットポジションがどうだの、サインがどうだの、グラブの色指定がなんちゃら…とか。なんか覚えること多すぎない?と。とても後に大学院生となる人間とは思えない思考回路です。

ですが、野球始めてすぐピッチャーに抜擢されました。当時は乗り気ではなかったものの、野球ド下手でしたし、アピールポイントなんて「強肩」だけでした。他全てダメ。そんなやつ野手なんて無理ですが、肩で生きていける唯一のポジションがピッチャーでした。こんなレギュラーになれるチャンス逃したら、もうレギュラーは無理だとわかってたので頑張りました。結果、そのままピッチャーとして生きてきたわけで、今となっては本当にマウンドこそ自分の居場所だと大袈裟ではなく思っているくらいです。


進路選択もそうですね。高校は憧れの本命に受かりました。ですが、入学してからの高校生活ではおそらく経験しうる挫折の全てを味わい、楽しかった思い出はほとんどありません。正直、なかったことに出来るならなかったことにしたいとすら思います。

逆に大学は本命に落ちて滑り止めに引っかかりました。当時は引きこもるくらいの勢いでショックでした。でも入学してからは、ここまで人生変わるのかっていうくらい楽しむことができて、大学院も同じ大学に残りました。笑

高校の同期に会いたくなくて地元から離れた大学を志望していた、という側面も本命の志望理由にありましたから、あまり地元に残りたくなかったです。
ところが、地元に残っても結局4年間楽しく生活できたわけです。時折SNSで目に入ってきた自分への悪口も気にせず過ごすことが出来ました。まあそんなことしてるやつらって結局浪人してましたし、大学で同期にならなかったことも大きかったですね。ほんとどうなるかなんてわからない。






今辛くても、これがどう転ぶかはわからないです。最終的に「よかった」と思える結末が待っているかもしれないわけです。

そうなることを期待して、なんとか今は耐えて踏ん張って歯食い縛って精進していかねば、と思います。





なんとなく、頭にぼんやり浮かんだことを文字に起こして整理したくなったので、ブログという形で書き起こしてみました。

オールスター振り返り

寝たいんです。寝れないんです。mackeyです。暑いんです。




厳密には既に昨日ですが、観ていて楽しいオールスターになりました!

やー、西川選手、えげつないホームランでした!
本来ならこれほどの長打力を兼ね備えている選手ですが、球界No.1の脚を活かすため(あと、長打狙うと扇風機と化してしまうため)普段は長打を捨てています…って説明はファイターズファンには不要なわけで。笑
個人的には、願わくば今後松井稼頭央選手のような成長曲線を描いて、トリプルスリーを狙えるプレーヤーになってほしいところです。


そして中田選手、センター方向のホームラン!
正直、今年まさかあそこに打てるとは…という感想でした。前半戦は打球の失速が顕著でしたので、何か手応えを掴んでいてくれるとありがたいのですが。後半戦の巻き返しに期待です!


谷元投手も無事三者凡退に抑えました。
本人が語っていたアピールポイントは

「実は地味に多いボールの回転数」

……たしかに地味に多かったですね。笑
にしても、回転数が球速表示みたいに出てくるなんて、技術も進歩しましたよね。
中村勝投手の回転数調べてみたい…笑


レアード選手と大谷選手は、出番があれば明日に期待したいと思います。




明日は用事で観ることができないのですが、ZOZOマリンでの試合ですから、あの謎の魚が何するのかも楽しみです。笑

あーどうにもこうにも止まらぬこの暑さアスファルト砂漠人混みジャングル。こんばんは、mackeyです。遂に北海道は寒さだけでなく暑さまで装備してきたようです。せめてスクランブル交差点目が点君に一目惚れ的な出会いないですかねないですね←

自分で書いといてあれだけど、ORANGE RANGEほんと流行ったよなー。松本剛選手が打席立つ度に「あー小学生のころ死ぬほど流行ったよなー」と思います。笑







明日から始まるオールスター、楽しみですね。個人的に注目したいのは以下の点です(この前もちらっと書いた気がする)


①田口投手と山岡投手の投げ合いは実現するのか
高校野球ファンであれば耳にしたことがあると思われる、広島県大会決勝でのふたりの投げ合い。今年の交流戦でも実現なるか、と話題になりましたが結局実現ならず。今回はどうなるでしょうか。

②「#源田たまらん」なプレーは観れるか
茂木選手の出場辞退により、初選出となった源田選手。ルーキーながら大活躍中です。オールスターでもその力を発揮できるでしょうか。

③柳田選手の活躍
前半戦終了時点で、なんと三冠王の柳田選手。ホームランダービーにも出場します。規格外のプレーを期待しています。

④ファイターズ選手はどうなるか
5選手が出場します。オールスターを機に何か浮上のきっかけを掴めたらな、と思います。個人的には西川選手に期待しています。

⑤美馬投手と中田選手が同じベンチ
ふたりの因縁についてはあえて触れません。笑
同じベンチに入ります。どうなるんですかね…怖いもの見たさな感じです…笑



明日から楽しみです。